小学校との接続

小学校生活をゼロからのスタートにしない体制つくり

 

「幼児期の教育」は、生涯にわたる学びや生活の基盤をつくるために大切な時期です。国においても、特に、義務教育開始前後の5歳児から小学1年生の2年間を「架け橋期」と呼び、幼保小の円滑な接続・幼児教育と小学校教育のつながりを意識した活動を推進していく「幼保小の架け橋プログラム」をスタートさせています。

西脇市では、「幼児期の教育」と「小学校教育」の円滑な接続にむけ、大きく3つの取組を行い、0歳から15歳の一貫した教育・保育体制の構築を目指しています。

 

1.幼児教育を理解し、つなげるための合同研修 

小学校との接続・連携研修

令和元年度から、市内すべての学校・園(認定こども園・幼稚園等)の教職員を対象にした小学校の接続や連携、カリキュラムに関する合同研修を実施しています。就学前教育・保育の質の向上推進委員会委員でもある兵庫教育大学鈴木正敏准教授を講師に、公開保育や講義等をとおして、年齢に沿った子どもの「遊び」と小学校の「学び」へのつながりについて研修します。参加者は、主体的な遊びの積み重ねが、「好奇心・粘り強さ・協同性・自己調整」等の力を育むとともに、幼児期の遊びが小学校以降の対話的な活動や主体的に学習に向かう「芽生え」となることを学んでいます。

syougakkoutonosetuzoku2

令和3年度研修の様子(詳細は、3年度幼保交流研修、小学校との接続研修に記載)

 syougakkoutonosetuzoku1 syougakkoutonosetuzoku3 syougakkoutonosetuzoku4

令和4年度研修の様子(詳細は、4年度幼保交流研修、小学校との接続研修に記載)

 

令和4年度小学校との接続研修 感想(抜粋)(PDFファイル:375.5KB)

 

 

2.お互いを知り、理解し合うための訪問参観

園小交流訪問(保育者・小学校教諭)

西脇市では、2つの園小交流訪問の取組を実施しています。

1.小学校の園訪問・参観(令和3年度から)

小学校教諭が、夏季休業期間中に、主に同じ中学校区の園に訪問し、子どもたちの遊びや生活する姿を参観します。

実際に園の保育活動や様子を見ることで、子どもの育ちや学びを理解する機会となります。大切なのは、「園の保育を小学校へつなげる・生かす」という視点をもって小学校教諭が参観することです。

令和3年度園小交流(園へ参観)訪問後アンケート(PDFファイル:94.1KB)

 

2.園の小学校訪問・参観(令和4年度から)

園の昨年度5歳児担当者等が、5月以降の1学期中に進学先の小学校に訪問し、1年生クラスの授業を参観します。

小学校の学習を知るだけでなく、卒園した子どもたちがどんな風に小学校で過ごしているかを実際に見たり、園と小学校との子どもの様子を情報共有したりします。

どちらの訪問・参観も、ポイントは、お互いを知り、理解し合うことです。

令和4年度園小交流(小学校へ参観、園へ参観)訪問後アンケート(PDFファイル:230.3KB)

 

3.園での保育活動を可視化し、小学校に生かすカリキュラムつくり

西脇市幼稚園・認定こども園・小学校接続カリキュラム調査研究委員会

国は、小学校へ入学する子どもたちがスムーズに学校生活に適応できるよう、入学当初の教育課程「スタートカリキュラム」の作成を推進しています。

西脇市でも、令和4・5年度の2年間、上記の委員会を立ち上げ、園小接続カリキュラム策定に向けた取組を進めていきます。

 

委員会は、以下のような研究委員で成り立っています。

1.就学前教育・保育代表校長

2.認定こども園代表園長・しばざくら幼稚園長

3.中学校区代表小学校教諭(4名)

4.中学校区代表認定こども園・幼稚園保育教諭(5名)

さらに、兵庫教育大学鈴木正敏准教授をアドバイザーにむかえ、委員会に参加・助言いただいています。

事務局は、教育委員会学校教育課(教育研究室)と幼保連携課(幼児教育センター)が連携し、2年間で8回の委員会を行う中で検討していきます。

ennsyousetuzokuiinnkai1 ennsyousetuzokuiinnkai2

 

この記事に関するお問い合わせ先

西脇市教育委員会 教育創造部 幼保連携課

電話:0795-22-3111(代表)
ファックス:0795-23-5219
問い合わせフォーム