新型コロナウイルス感染症に伴う健康二次被害を防ぎましょう

更新日:2021年09月03日

防ごう「健康二次被害」

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛生活の長期化で活動量や社会参加が低下し、健康二次被害(基礎疾患の悪化、認知機能の低下、フレイルの進行など)が心配されています。

「健康二次被害」を予防するために、私たちが気を付けたいことは。筑波大学大学院の久野譜也教授からメッセージをいただきましたので、ぜひご覧ください。

今からできる簡単な運動に挑戦してみましょう

新型コロナウイルス感染症拡大防止のために外出自粛が呼び掛けられており、多くの方が運動不足になりやすい状況となっています。そして、身体活動や社会参加の機会が減少することで、免疫力や筋肉量の低下、持病の重症化やストレスを感じるなど二次的な健康被害が心配されています。

二次的な健康被害として心配されること

  • 糖尿病や高血圧などの持病の悪化
  • 筋力低下による転倒や骨折
  • ストレスによるこころの病気
  • 社会性の低下に伴うメンタルヘルスの悪化
  • 認知機能の低下など

今からできる簡単な運動を紹介します

定期的に運動を行うことで、感染症の発症や重症化リスクを軽減するとともに、二次的な健康被害の予防、抑制につながります。今からでも簡単に行うことができる運動を動画で紹介しますので、日常生活の中に意識的に運動を取り入れてみませんか

(注意)血圧の高い方や痛みがある場合は、始める前に医師に相談してください。体調が悪い場合は、無理をしないようにしてください。

筑波大学大学院人間総合科学研究科 久野譜也研究室 企画制作

【運動でコロナ予防】効果的に免疫力アップトレーニング(全8回)
自宅でできる筋力トレーニングや、親子で行うことができる楽しい運動の紹介をしています。

【コロナに負けるな】ルールを守って歩こう走ろう(全4回)
飛沫の影響を防ぎ安全に外でウォーキングやランニングする方法が紹介されています。

自分のペースで無理なく体操に取り組みたい方におすすめ「おりひめ体操第1」

リズムに合わせて、楽しく体操したい方におすすめ「おりひめ体操第2」

全身の筋肉を使い、バランス機能や認知機能をアップさせたい方におすすめ「おりひめ体操第3」

筑波大学大学院人間総合科学研究科 久野譜也研究室 企画制作

自宅でできる筋力トレーニングや予防方法が掲載されたチラシです。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

西脇市役所 くらし安心部 健康課

電話:0795-22-3111(代表)
​​​​​​​ファックス:0795-23-5219
問い合わせフォーム