キンボールスポーツで地域を元気に!(1)

 

子どもにキンボールスポーツを教える中島さん

 

 中島さんは専門学生時代にキンボールスポーツに出会い、その魅力に引き込まれました。「この素晴らしいスポーツの魅力をもっと多くの人に伝えたい!」と、普及活動の事業化を目指すようになりました。
 事業の立ち上げのため、仲間とともに新たな活動拠点を探していたという中島さん。西脇市を選んだ理由を尋ねると、「利便性が良く、スポーツが盛んな土地柄が魅力的でした。」と話してくれました。
 現在、中島さんは仲間とともに「西脇キンボールクラブ」を立ち上げ、市内の体育館でキンボールスポーツの普及活動を行うなど、精力的に活動されています。

 (キンボールスポーツとは)
 直径122センチの大きなボールを使い、3チーム(1チーム4人)で行うスポーツ。ボールの重さは約1キロと軽いため、誰でも気軽に楽しむことができます。ボールを床に落とさないようにチーム全員で協力する必要があるため、協調性や主体性をはぐくめるスポーツとしても注目されています。

 

西脇市に可能性を感じました

 専門学生時代にキンボールスポーツと出会い、その魅力に引き込まれました。以後も仕事をする傍ら、キンボールスポーツを通じた活動を続ける中で、このスポーツの普及活動を仕事にしたいと思うようになりました。そこで会社を辞め、仲間とともに活動拠点を探し始めました。

 駅伝や野球などスポーツが盛んであること、自給自足できる農地が確保できることなど、やりたいことがどれも出来る可能性を西脇市に感じ、移住を決めました。

キンボールスポーツを教える中島さん

 

西脇市はバランスのとれた住みよいまち。

 西脇市に移住して感じたことは、利便性の良いまちだということです。遠出しなくても、ほとんどのものが市内で入手できるのでうれしいです。

 また、田畑や自然がたくさんあるのも気持ちいいです。住んでいる人達もいい方ばかりで、子どもたちも元気にあいさつしてくれます。本当に住みよいまちです。

 市も若者の移住者を歓迎しています。一緒に西脇を盛り上げましょう!キンボールスポーツもできるまちですよ!

キンボールスポーツをプレイ中の中島さん

 

お問い合わせ

西脇市役所 都市経営部 次世代創生課
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-22-1014
問い合わせフォーム

更新日:2019年04月01日