風しん予防接種費助成事業のご案内

予防接種を受けて、風しんの流行を防ぎましょう

例年、風しんは春先に流行のピークを迎えます。首都圏を中心に風しんの流行が報告されることが多く、注意が必要です。

妊娠初期の女性が風しんにかかると、赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある、発達がゆっくりしているなど「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。

風しんの流行を防止し、先天性風しん症候群の発生を予防するために、風しん予防接種にかかる費用の一部を助成します。

風しん予防接種を過去に受けているかどうかは年齢によって異なりますので、下の表を参考にしてください。予防接種を受けたことが記録等で確認できない場合は、接種することをお勧めします。風しんの予防接種は2回接種しても問題はありません。

 

風しんの予防接種状況

平成31年(2019年)度現在の年齢

0~26歳

27~37歳

38~54歳

55歳以上

男性

2回接種

1回接種

接種なし

接種なし

女性

2回接種

1回接種

1回接種

接種なし

実施期間

平成31年(2019年)4月1日~平成32年(2020年)3月31日 

対象者

接種時に西脇市に住所を有する方のうち、次の1、2いずれかに該当する方

  1. 昭和38年4月2日から平成2年4月1日までの間に生まれた男女
  2. 妊婦の同居家族で昭和38年4月1日以前に生まれた男女

ただし、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を除く。

妊娠中は風しんの予防接種を受けることができません。接種前1ヵ月と接種後2ヵ月は妊娠を避けてください。

助成回数、対象ワクチンと助成額

助成回数は1人につき1回です。

 

対象ワクチンと助成額

対象ワクチン

助成額

麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)

5,000円

風しんワクチン

3,000円

申請方法

指定医療機関以外で接種した方

西脇市風しん予防接種費助成請求書 に医療機関の 予防接種領収証 を添付して、健康課(健康づくりセンター)へ提出してください。対象者に該当すると確認した後、請求書にご記入の口座へ助成額を振り込みます。

指定医療機関で接種する方

事前に、 西脇市風しん予防接種費助成申請書 を健康課(健康づくりセンター)へ提出してください。対象者に該当すると確認した後、助成券を郵送します。(対象者に該当されない場合は、西脇市風しん予防接種費助成不承認決定通知書を郵送します。)

指定医療機関へ事前予約の上、接種時に助成券を提出してください。指定医療機関には、助成額を差し引いた接種費用を支払ってください。

接種場所

指定医療機関(事前に電話予約が必要)

関連リンク

お問い合わせ

西脇市役所 くらし安心部 健康課
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-23-5219
問い合わせフォーム

更新日:2019年04月01日