市の木・市の花選定委員会

市の花「さくら」の画像

 新「西脇市」誕生に伴い、市のイメージにふさわしい「市の木」・「市の花」を選定するため、市民代表5名と助役で構成する「市の木・市の花選定委員会」を設置し、協議を行いました。
 委員会では、市民の皆さんからの公募を参考に、「市の木」・「市の花」を選定し、平成18年3月25日に開催する「新市誕生記念式典」で発表しました。
 委員会での協議状況については、下記のとおりです。
 

第1回市の木・市の花選定委員会【平成18年1月30日開催】 

 委員あいさつ、委員長選出に続き、次のことについて協議しました。
 ・委員会の役割及び今後のスケジュールについて
 ・旧市町の状況について
 ・選定方法について

 また、委員からの主な意見としては次のとおりです。
 ・公募期間はできるだけ長い期間とすることはできないか。
  (回答)広報の現行の修正は間に合わないが、期間を2月末日まで延長する。
 ・募集要件に「学術的価値があるもの」という項目を追加できないか。
  (回答)委員会での選定に当たっての着眼点とする。
 ・市の木・市の花を選定するだけでなく、選定後の木・花を普及させていくことが重要であり、今後考えていく必要がある。

第2回市の木・市の花選定委員会【平成18年3月8日開催】

 委員長のあいさつ、市民公募の集計結果の報告に続き、次のことについて協議しました。
 ・市の木・市の花の選定について
 ・表彰及び市長への報告について

 各委員が市民公募の結果を基に候補3点以内を提案し、協議の結果、ともに最も公募の多かったものを選定することとし、市の木として「さくら」、市の花として「しばざくら」を選定しました。

 その後、それぞれの応募者からの選定理由を考慮し、最優秀者を選出するとともに、市長への報告書を取りまとめました。

 また、選定に当たって委員会から、
・市の木「さくら」がテングス病に罹病した場合、早期の病害除去対策を講じること
・市の花「しばざくら」は、当地の気候が生育にあまり適さないことが選定に当たっての懸念事項であったため、市内に花いっぱいのモデル箇所を設けるなど、市として継続した普及振興活動に取り組むこと

の2点が提言されました。
 

お問い合わせ

西脇市役所 都市経営部 次世代創生課(総合企画担当)
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-22-1014
問い合わせフォーム

更新日:2013年11月12日