比延地区

比延地区の概要

 比延地区は西脇市東部にあってその大半は山地、農地です。地区の西端を兵庫県下最大の延長をもつ一級河川加古川が南流し、これに沿ってJR加古川線が通っています。また、工業団地が整備されており、多くの企業が進出しています。

 地区内には東経135度と北緯35度の交差地点「日本のへそ」があり、郷土出身の横尾忠則さんの作品を展示する「岡之山美術館」や「日本へそ公園」があります。西脇市最高峰の西光寺山があり、ご来光登山には多くの方が参加しています。

 比延地区では、平成29年度に地域自治協議会「比延地区自治協議会」が設立され、住民や地区の区長会をはじめ、まちづくり団体「ええまち比也野里」や老人クラブ、子供会など多くの団体が協力しあい、活発なまちづくり活動が行われています。

 

人口(平成31年4月1日現在)

  • 男性1,751人
  • 女性1,923人
  • 合計3,674人
  • 世帯数1,489世帯

 

更新日:2019年04月19日