現在の位置

子どもの定期予防接種のご案内

予防接種を受けましょう

 成長にともない、お子さんの外出の機会は多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。

 予防接種を受けることで、その病気に対する抵抗力(免疫)をつくることができます。予防接種を受けて、お子さんの健康にお役立てください。

転入された方は、予防接種状況をお知らせください

 母子健康手帳を確認のうえ、お子さんの予防接種状況を健康づくりセンターへお知らせください。

 予防接種状況を確認し、西脇市の予防接種予診票をお渡しします。転入前にお持ちの予防接種予診票は使用できませんので、ご了承ください。

 また、各種予防接種の説明が掲載されている冊子「予防接種と子どもの健康」をお持ちでない方は、併せてお知らせください。

長期里帰りや医学的理由で長期療養中の方は、ご連絡ください

 長期にわたり里帰りをされている方で、定期予防接種を希望される場合はご連絡ください。里帰り先での定期予防接種の実施等をご相談させていただきます。

 また、医学的な理由で長期にわたり療養が必要な方で、接種対象年齢での定期予防接種が困難な場合はご連絡ください。医学的な理由および特別な事情解消後の定期予防接種についてご相談させていただきます。

定期の予防接種

 予防接種には、予防接種法によって定められた定期の予防接種と、それ以外の予防接種(任意の予防接種)があります。

定期の予防接種

  • ヒブ
  • 小児肺炎球菌
  • B型肝炎
  • 4種混合(ポリオ、ジフテリア、百日せき、破傷風)
  • BCG
  • 水痘(水ぼうそう)
  • 不活化ポリオ
  • 2種混合(ジフテリア、破傷風)
  • 麻しん風しん
  • 日本脳炎
  • 子宮頸がん予防ワクチン

 各予防接種の詳しい説明をご覧いただき、適切な年齢で接種してください。

 定期の予防接種は、指定医療機関で通年接種することができます。事前に指定医療機関に予約のうえ、出生届提出時にお渡ししている「予防接種と子どもの健康」をよく読んで接種してください。

持ち物

  • 母子健康手帳
  • 各種医療保険証(本人確認のため)
  • その日に受ける予防接種の予診票(出生届提出時にお渡ししている予診票つづりを使用)

乳幼児定期予防接種医療機関一覧表(PDF:100.6KB)

ヒブ予防接種

 乳幼児の死亡や重篤な後遺症を残すことがある細菌性髄膜炎の原因の9割は、ヒブ(インフルエンザ菌b型)及び肺炎球菌の感染によるものといわれています。

 ヒブ予防接種は、細菌性髄膜炎による死亡や重篤な後遺症を予防するのに効果があります。

接種対象者

 生後2か月~5歳に至るまでの者

標準的接種回数および標準的接種期間

初回接種

 生後2か月~7か月に至るまでに接種を開始し、27日~56日までの間隔をおいて1歳に至るまでに3回接種(医師が必要と認めた場合は、20日の間隔で接種可能)

追加接種

 初回接種終了後7か月~13か月までの間に1回接種

  • 接種回数は、1回目の接種を開始する年齢および初回接種を終了した年齢によって異なりますので、接種時にご確認ください。

小児用肺炎球菌予防接種

 乳幼児の死亡や重篤な後遺症を残すことがある細菌性髄膜炎の原因の約9割は、ヒブ(インフルエンザ菌b型)及び肺炎球菌の感染によるものといわれています。

 肺炎球菌予防接種は、細菌性髄膜炎による死亡や重篤な後遺症を予防するのに効果があります。

接種対象者

 生後2か月~5歳に至るまでの者

標準的接種回数および標準的接種期間

初回

 生後2か月~7か月に至るまでに接種を開始し、生後12か月までに27日以上の間隔をおいて3回接種(2回目及び3回目の接種は、2歳に至るまでに接種)

追加

 初回接種終了後60日以上の間隔をおいて生後12か月~15か月に至るまでに1回接種

  • 接種回数は、1回目の接種を開始する年齢及び2回目の接種年齢によって異なりますので、接種時にご確認ください。

小児用肺炎球菌ワクチンの切替えに関するQ&A(外部サイト)

B型肝炎予防接種

 B型肝炎予防接種は、B型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)をつくります。

接種対象者

 生後1歳に至るまでの者

接種回数および標準的接種期間

1・2回目

 生後2か月~3か月に至るまでに、27日以上の間隔をおいて、2回接種

3回目

 生後7か月~9か月に至るまでに、2回接種終了後、1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回接種

  • 母子感染予防のために抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合には健康保険が適用されるため、定期接種の対象外となります。

B型肝炎予防接種に関するお知らせ(外部サイト)

B型肝炎ワクチンに関するQ&A(外部サイト)

4種混合予防接種

 4種混合予防接種は、ポリオ、ジフテリア、百日せき、破傷風に対する抵抗力(免疫)をつくります。

接種対象者

 生後3か月~7歳半に至るまでの者

接種回数および標準的接種期間

1期初回

 生後3か月~1歳までに、20日~56日間隔で、3回接種

1期追加

 1期初回の3回接種終了後12か月~18か月に達するまでに、1回接種

  • 平成24年11月からは、4種混合ワクチンでの定期接種が行われていますが、それよりも前に接種を開始された方は、3種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風)ワクチンとポリオワクチンとで接種をしています。
  • 3種混合ワクチンの接種をされている方で、1期追加までの合計4回の接種が完了していない場合は、西脇市健康づくりセンター(電話22-3111)へお問い合わせください。

BCG予防接種

 BCG予防接種は、結核菌の感染で起こる結核に対する抵抗力(免疫)をつくります。

接種対象者

 生後1歳に至るまでの者

接種回数および標準的接種期間

 生後5か月~8か月に達するまでに、1回接種

結核とBCGワクチンに関するQ&A(外部サイト)

水痘(水ぼうそう)予防接種

 水ぼうそうのおもな症状は、発疹(点状の赤いものが水疱に変化)と軽度の発熱です。
 水痘(水ぼうそう)予防接種は、水痘・帯状疱疹ウイルスの急性感染でおこる水ぼうそうに対する抵抗力(免疫)をつくります。

接種対象者

 1歳~3歳に至るまでの者

接種回数および標準的接種期間

1回目

 1歳~1歳3か月に達するまでに1回接種

2回目

 1回目接種終了後6か月~12か月に達するまでに1回接種

水痘(外部サイト)

麻しん風しん予防接種

 麻しん風しん予防接種は、感染力が強いために予防接種を受けないと多くの人がかかる麻しん(はしか)と、三日ばしかとも呼ばれる風しんに対する抵抗力(免疫)をつくります。

接種対象者

1期

 生後12か月~24か月に至るまでの間にある者

2期

 5歳以上7歳未満で、小学校就学始期に達する日の1年前の日~当該始期に達する日の前日までの間にある者(いわゆる幼稚園児または保育所等の5歳児)

接種回数および標準的接種期間

1期

 生後12か月~24か月未満に、1回接種

2期

 5歳以上7歳未満で、小学校就学始期に達する日の1年前の日~当該始期に達する日の前日までの間に、1回接種

麻しん(はしか)に関するQ&A(外部サイト)

日本脳炎予防接種

 日本脳炎予防接種は、蚊が媒介して感染する日本脳炎ウイルスに対する抵抗力(免疫)をつくります。

接種対象者

1期初回および1期追加

 生後6か月~7歳半に至るまでの間にある者

2期

 9歳以上13歳未満の者

接種回数および標準的接種期間

1期初回

 3歳~4歳までに、6日~28日間隔で、2回接種

1期追加

 1期初回の2回接種終了後おおむね1年後の4歳~5歳に、1回接種

2期

 9歳~10歳までに1回接種

  • 平成17年度~平成21年度にかけて、日本脳炎予防接種積極的勧奨差し控えにより、日本脳炎予防接種を受ける機会を逃した方には接種期間延長の特例措置を実施しています。詳しくは、以下のページをご覧ください。

日本脳炎予防接種に関する大切なお知らせ

日本脳炎ワクチン接種に係るQ&A(外部サイト)

2種混合予防接種

 2種混合予防接種は、ジフテリア、破傷風に対する抵抗力(免疫)をつくります。

接種対象者

 11歳以上13歳未満の者

接種回数および標準的接種期間

 11歳~12歳までに、1回接種

子宮頸がん予防接種

 子宮頸がんは、発がん性のあるヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することにより発症します。

 子宮頸がん予防接種は、接種後のHPV感染を予防するのに効果があります。

 子宮頸がん予防ワクチン接種後に痛みが持続する重篤な副反応が報告されており、その因果関係、発生頻度等適切な情報提供ができるまでの間、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。

接種対象者

 小学6年生~高校1年生相当の女子
 (12歳となる日の属する年度の初日~16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子)

接種回数および標準的接種期間

 中学1年生(13歳となる日の属する年度)で、3回接種
 (接種間隔は接種するワクチンによって異なりますので、接種時にご確認ください。)

  • 定められた接種間隔を過ぎて予防接種を希望する場合は、事前に健康づくりセンターへご相談ください。
  • 性交渉開始の低年齢化などに伴い、近年、若い女性の子宮頸がん発症率が高くなっています。子宮頸がんの原因となるHPVには、予防接種に含まれない種類の発がん性HPVも存在します。子宮頸がん予防ワクチンを接種しても、定期的に子宮頸がん検診を受けることが大切です。

子宮頸がん予防接種に関する大切なお知らせ

子宮頸がん検診のご案内

子宮頸がん予防ワクチンQ&A(外部サイト)

子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」についてのQ&A(外部サイト)

お問い合わせ
西脇市役所 くらし安心部 健康課
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-23-5219
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年7月1日

Copyright © Nishiwaki City. all rights reserved