帯状疱疹ワクチン接種費の助成

更新日:2024年05月15日

帯状疱疹は幼少期に体内に残った水痘・帯状疱疹ウイルスが免疫低下時に発症して罹患するもので、治った後も過酷な神経痛などが出る恐れがあります。帯状疱疹ワクチンを接種することで、発症予防、重症化予防の効果が期待できるとされています。

西脇市では、50歳以上の方を対象に『帯状疱疹ワクチン接種費助成事業』で費用を助成しています。帯状疱疹ワクチン接種費助成事業は、任意での予防接種となりますので医師と相談の上、接種してください。

帯状疱疹ワクチン接種費助成事業

対象者

西脇市に住民票がある満50歳以上の方

助成回数

1人1回

助成額

4,000円を上限に接種費用を助成(ワクチンの種類や接種回数に関わらず1回のみ)

(接種費用は、医療機関へお問い合わせください)

対象ワクチン

ワクチンの違い
製品名

ビケン

(生ワクチン)

シングリックス

(不活化ワクチン)

接種対象者 50歳以上の方
  • 50歳以上の方
  • 発症リスクの高い18歳以上の方(助成対象外)
予防効果

接種後1年 62.0%

接種後7年 52.8%

接種後  1年   97.7%

接種後10年 73.2%

持続期間 接種から7年程度 接種から10年程度
接種回数 1回 2回(うち助成は1回のみ)
接種料金 8,000円程度/回 20,000円以上/回

申請方法

指定医療機関で接種する方

事前に、西脇市帯状疱疹ワクチン接種費助成申請書を健幸都市推進課へ提出してください。対象者に該当すると確認した後、助成券を郵送します。(対象者に該当されない場合は、西脇市帯状疱疹ワクチン接種費助成不承認決定通知書を郵送します。)

指定医療機関へ事前予約の上、接種時に助成券を提出してください。指定医療機関には、助成額を差し引いた接種費用を支払ってください。

指定医療機関以外で接種した方

西脇市帯状疱疹ワクチン接種費助成請求書に医療機関の予防接種領収書を添付して、健幸都市推進課へ提出してください。

対象者に該当すると確認した後、請求書にご記入の口座へ助成額を振り込みます。

接種場所

指定医療機関(事前に電話予約が必要)

この記事に関するお問い合わせ先

西脇市役所 くらし安心部 健幸都市推進課

電話:0795-22-3111(代表)
​​​​​​​ファックス:0795-23-5219
問い合わせフォーム