国民健康保険の保険証更新

更新日:2022年07月01日

保険証の更新について

令和4年8月1日から使用できる新しい被保険者証を、7月末までに普通郵便でお届けします。

被保険者証は7月4日届け出分までの住民異動届等を基に作成しています。7月5日以降に転居などの届け出をされた方は、被保険者証の差替えが必要です。郵送した新しい被保険者証(藤色)を持って、保険医療課で手続きしてください。

70歳から74歳の方へ

医療機関で受診する際の一部負担割合(2割又は3割負担)を記載した「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」を交付します。

70歳になる方へ

国民健康保険(国保)の保険証の有効期限は70歳になる誕生月の月末(1日生まれは前月末日)です。70歳になる誕生月(1日生まれは前月)に、翌月から使用する「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」を郵便でお届けします。

75歳になる方へ

国民健康保険(国保)の保険証の有効期限は誕生日の前日です。75歳の誕生日から「後期高齢者医療制度」に切替わります(後期高齢者医療の保険証は改めてご本人あてに別途郵便でお届けします)。

外国人の皆さんへ

保険証の氏名は、住民票に記載された字体で、通称名を表記しています。本名表示に変更を希望される方は申し出てください(平成24年7月9日から、住民基本台帳法の一部改正に伴い、外国人の方も住民登録の対象となりました)。

社会保険等に加入したときは  

会社の健康保険(社会保険等)に加入したときには、国保の資格喪失手続きが必要です。国保の保険証と新しくできた社会保険等の保険証、本人確認書類(マイナンバーカード・運転免許証など)をお持ちの上、保険医療課(市役所1階106窓口)へお越しください。

社会保険等の資格ができた日以降は、国保の保険証がさかのぼって使えなくなります。

万一、この期間に国保の保険証を使って受診した場合は、医療費の総額から本人負担分を除いた金額を国保に返還することとなりますので、ご注意ください。

期限が切れた保険証は…

有効期限の過ぎた保険証は使用することができませんのでご注意ください。

有効期限の過ぎた保険証は、個人情報に注意し、ご自身で裁断する等して廃棄してください。

保険証の裏面に臓器提供の意思表示欄を設けています

必要事項を記入することで意思表示ができます。

保険証紛失にご注意を!

保険証には個人情報が多く記載されています。紛失した場合は、警察署へ届け出を行い、保険医療課(市役所1階106窓口)で保険証の再発行の申請をしてください。

国保税が未納になっている方は

保険証をお届けできない場合がありますので、納税相談へお越しください。

この記事に関するお問い合わせ先

西脇市役所 くらし安心部 保険医療課

電話:0795-22-3111(代表)
ファックス:0795-22-1014(代表)​​​​​​​
問い合わせフォーム