わくわく英雄コース(黒田庄駅~日時計の丘公園~極楽寺~御霊神社~十三重の石塔ほか)

わくわく英雄コース(黒田庄駅~日時計の丘公園~極楽寺~御霊神社~十三重の石塔ほか)

  • JR黒田庄駅から太閤腰掛岩、木曾義仲の供養塔など、歴史上の英雄にちなんだポイントを巡り、黒田庄駅に戻ってくるコースです。
  • 距離:約11キロメートル
  • 所要時間:約3時間30分

見所紹介

 

極楽寺

極楽寺(太閤腰掛石)

 極楽寺本堂の裏手に、太閤腰掛石と呼ばれる庭石があります。太閤腰掛石由来記には「羽柴秀吉、天正年間三木攻略のとき、大志野に陣し、兵主神社に戦勝を祈願して、燈明田を献せり」とあります。現在の極楽寺は、その頃まだ建てられておらず、そこは兵主神社の森続きの境内であったと考えられています。

御霊神社

御霊神社

 境内の入口には、高さ4メートル程の大きな鳥居があり、そこを抜けると左前方に御霊神社があります。当地では、平安時代から始まる御霊信仰にもとづいて、御霊神社が奉られました。

十三重の石塔

十三重の石塔

 高さ4.6メートルの花崗岩製の石塔「十三重の塔」で、鎌倉時代後期に建てられたと考えられています。この石塔は、平安時代末期の武将、木曾義仲の供養塔と伝えられています。

お問い合わせ

西脇市役所 産業活力再生部 商工観光課
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-22-6987
問い合わせフォーム

更新日:2016年01月19日