現在の位置

日本へそ公園

秋のへそ公園

 東経135度(子午線)、北緯35度が交差する点を日本の中心「日本のへそ」として、郷土のシンボルとしています。交点は加古川の河川敷に位置し、大正12年に建立された交点を示す標柱があります。

 日本へそ公園は、この交点に隣接する岡之山の山麓に建設されました。

 園内には、81センチメートルの大型反射望遠鏡を持つ「にしわき経緯度地球科学館(テラ・ドーム)」、西脇市出身の画家横尾忠則氏の作品を展示する「岡之山美術館」、「レストハウス」、「宇宙っ子ランド」には、子どもたちに人気の「ジャンボすべり台」や「ふわふわドーム」があります。

 

 

日本のへそモニュメント

「日本のへそモニュメント」

 平成2年に人工衛星を利用したGPS測量による「平成の大測量」を実施し、新たに確認された園内の交点(平成のへそ)には「日本のへそモニュメント」が建設されています。

 モニュメントのコンセプトデザインは、淡路の日仏友好のモニュメントと同じフランス人建築家パトリック・ベルジェ氏によるものです。

 

 

ふわふわドーム

ふわふわドーム(PDF:415.2KB)

日本のへそ「西脇市」

にしわき経緯度地球科学館(テラ・ドーム)のホームページへ

西脇市岡之山美術館のホームページへ

地図

携帯・スマートフォンに地図URLを送る
@ 送信
機種選択:
お問い合わせ
西脇市役所 都市整備部 都市住宅課
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-22-6283
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2016年3月28日

Copyright © Nishiwaki City. all rights reserved