現在の位置

西脇市郷土資料館

郷土の織物とくらしの資料館

「郷土の織物とくらしの資料館」をテーマに昭和59年にオープンしました。播州織に関する展示のほか、西脇市内から出土した土器などを展示しており、西脇市の歴史や昔のくらしの様子を学ぶことができます。

生活文化総合センター外観

資料館の仕事

  • 文化財保護全般
  • 埋蔵文化財包蔵地に関する照会
  • 郷土資料の収集保管
  • 郷土史や文化財に関する調査、研究、展示

展示概要

  1. 先人の遺したもの
    土器をさわってみよう
    市内全域空中写真、地形と地質
    旧石器時代から室町時代の遺跡
    西脇市の古墳、古代寺院と役所
    窯業生産の歩み、城館と山城
    天下平定の動き
    江戸時代の西脇地方、地方文書
     
  2. 江戸期の暮らしと機織り
    播州の木綿栽培、飛田安兵衛翁碑
    播州藩の綿業、山草・四木
    織元の肖像、機織りの図
    農工兼営家屋、庶民の信仰、江戸期のくらしと道具、京・大坂への道
    往来手形、庄屋、農家の四季
     
  3. 播州織の歩み
    播州織の芽生え、村の紺屋、藍壺、植物染料、織元と問屋制家内工業
    播州織の年表、染色、昭和30年ころの織物工場再現、織機の原形
    木製織機の変遷、播州織製品の変遷、数字で見る播州織の変遷
     
  4. 伝統を守る特産品
    竹かご、釣針、すき櫛
     
  5. 激動の時代を生きて-明治・大正・昭和-
    文明開化、郵便・電信・電話、教科書、15年戦争、玩具、昭和前期の部屋
     
  6. 緑と清流のふるさと
    市街地の変容、西脇市の歩み、学校変遷図、西脇市変遷図

考古資料展示風景

民具展示風景

播州織展示風景

収蔵資料

収蔵資料の数量

考古

約580箱

文書

約13,000点

書籍

約2,000点

織物・衣類

約1,600点

民具

約5,000点

その他

約9,000点

数量は点数で、セットになったものなどは1件として数えています。

利用案内

利用案内

入館料

無料

休館日

月曜日(祝日の場合は翌日以降の最初の平日/土・日曜・祝日は開館)
年末年始(12月29日~1月3日)

開館時間

午前9時~午後5時

駐車場

あり

交通案内

交通案内

電車を利用の場合

JR神戸線「加古川駅」⇒JR加古川線「西脇市駅」(所要時間約1時間)下車
⇒神姫グリーンバスまたはコミュニティバスで「市民センター」下車、徒歩2分

バスを利用の場合

大阪方面は「中国ハイウェイバス」、神戸三ノ宮からは「急行バス」が運行。西脇バスターミナル(アピカ)下車。                                      ⇒神姫グリーンバスまたはコミュニティバスで「市民センター」下車、徒歩2分                                                       

車を利用の場合

中国自動車道「滝野・社インター」から国道175号を北上(約20分)
山陽自動車道「三木・小野インター」から国道175号を北上(約40分)

地図

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

携帯・スマートフォンに地図URLを送る
メールアドレス: @
機種選択:
送信
お問い合わせ
生活文化総合センター 西脇市郷土資料館
〒677-0015
西脇市西脇790-14
電話:0795-23-5992
ファックス:0795-22-5580
問い合わせフォーム

更新日:2019年5月7日

Copyright © Nishiwaki City. all rights reserved