学校の紹介

 本校は明治6年、大木村に保明小学校、西田井村に龍輝小学校、その支校を前島村に設置されたことを創設とし、その後合併・改称を経て昭和27年、西脇市制実施に伴い西脇市立日野小学校に改称、現在に至る。清流杉原川を横に緑あふれる田園地帯に置かれ、そのおおらかな風景と温かい地域性に見守られながら教育活動を展開している。

 校章は「太陽」をモチーフに、手を取り合い仲間とともに伸びていく子どもの姿がデザインされており、「太陽のように明るく元気な日野っ子」を目指して、学習に、スポーツに、そして遊びにも一所懸命取り組む子どもたちが学んでいる。

校門