4月から西脇市の公共交通が変わります

 西脇市では、今後さらに高齢化が進み、自動車を運転できない人が増えることを見込んでいます。そのため、日常生活における移動を支える公共交通の重要性は、ますます高くなってきています。

 しかしながら、自宅が駅やバス停から離れていて、鉄道やバスなどの公共交通の利用が難しい地域があります。また、令和3年4月の市庁舎・市民交流施設の移転に合わせて、現在のコミュニティバスの路線網を見直す必要があります。

 これらの課題を踏まえ、公共交通の利便性を向上させるとともに、公共交通空白地域を解消するため、令和3年4月に市内の公共交通網を再編します。

公共交通再編の概要

コミュニティバスの見直し

 コミュニティバスを下記のとおり見直します。

令和3年3月末まで

  • 3路線のバスを運行します。
バスの概要

名称

概要

しばざくら号

市街地内を運行

おりひめバス

比延地区から西脇市駅までを運行

つくしバス

主に黒田庄地区、津万地区を運行

 

令和3年4月から

  • しばざくら号の名称と運行内容を変更します。
  • おりひめバスを減便します。
  • つくしバスを廃止します。
バスの概要

名称

概要

ループバス「めぐリン」

市街地内をワゴン車(乗客12人乗り)2台で双方向(時計回り・反時計回り)に循環運行。

土曜日も運行

おりひめバス

朝夕の便を残し、昼間を減便

つくしバス

廃止

ループバス「めぐリン」ルート案(PDFファイル:4.9MB)

ループバス「めぐリン」時刻表案(PDFファイル:517.5KB)

おりひめバス減便案(PDFファイル:799.9KB)

 

乗合タクシー「むすブン」を運行

 公共交通空白地を解消するため、乗合タクシー「むすブン」を運行します。おりひめバス、つくしバスの減便・廃止の影響を受ける方については、ぜひ「むすブン」をご利用ください。

乗合タクシー「むすブン」とは

 乗車したい場所と行きたい場所を、事前に電話で予約することで、自宅付近などの指定場所まで車が迎えに来て、目的地まで送迎します。

  • バスのように複数人(乗客定員4人)で同じ車両に乗って、各利用者の目的地まで順番に移動します。
  • 利用できるのは、市内から市内への移動のみです。
  • 料金は65歳以上、障害のある方、小学生200円、中学生以上64歳以下400円です(回数券あり。20乗車5,000円)。

 乗合タクシー「むすブン」を利用するには、事前に利用登録申込が必要です。「利用登録申込書」に必要事項を記入し、提出してください。

「むすブン」利用登録申込書(PDFファイル:503.1KB)

 

コミュニティバス、路線バスの市内間乗車を100円に

  • コミュニティバスの料金を、乗車区間に関わらずどなたでも1乗車100円とします。
  • 路線バスの料金を、市内間の乗車でニコパカード利用時に限り、1乗車100円(小児50円)とします。対象となるのは、西脇市内を走る全ての路線(ハイウェイバスを除く。)です。 

路線バスの料金イメージ

路線バス上限運賃

お問い合わせ

西脇市役所 都市経営部 次世代創生課(総合企画担当)
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-22-1014
問い合わせフォーム

更新日:2020年12月28日