熱中症予防―マスクの熱中症にも気を付けましょう―

 熱中症とは高温多湿な環境下で体内の水分や塩分バランスが崩れて体温調節機能が働かないことから、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状が起こる病気です。

 急に暑くなった時や久しぶりに暑い環境で活動した時には、体温調整が上手くいかず、熱中症で倒れる人が多くなっています。ご注意ください。

 車いすの方、幼児は、地面に近いため、大人以上に暑い環境にいます。また、高齢になると、暑さや水分不足に対する感覚が鈍くなり、発汗等で体から熱を逃す機能が低下しているので特に注意が必要です。

新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント

 今夏は、新型コロナウイルスの出現に伴い、これまでとは異なる生活環境下で迎えることとなりますが、一方で、例年以上に熱中症にも気をつけなければなりません。十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にも、これまで以上に心がけるようにしましょう。

暑さを避けましょう

  • 感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気をしつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。
  • 涼しい服装で過ごし、外出時には日傘や帽子を使いましょう。また、天気予防や「暑さ指数(WBGT)」を参考に、暑い日や時間帯を避け、無理のない範囲で活動しましょう。
  • 遮光カーテン、すだれ、打ち水など工夫しましょう。
  • 少しでも体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し水分補給してください(急に暑くなった日や、久しぶりに熱い環境で身体を動かす際には特に注意が必要です。)。
  • 無理な節電をせずに、エアコンや扇風機を使いましょう。 

適宜マスクを外しましょう

  • 気温や湿度の高い中でのマスク着用は要注意です。
  • 屋外で、人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。
  • マスクを着用して負荷のかかる作業や運動は避け、周囲の人と距離を十分にとった上で適宜マスクをはずし、休憩することも必要です。

こまめに水分補給をしましょう

  • 1日1.2リットルを目安に、のどが渇く前に水分補給しましょう。
  • 大量に汗をかいた時は、塩分補給もしましょう。

日頃から健康管理をしましょう

  • 日頃から体温測定、健康チェックをしましょう。
  • 体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養しましょう。

暑さに備えた体力づくり

 暑くなり始めの時期から、適度に運動(「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で、毎日30分程度)を心掛け、身体が暑さになれるようにしましょう(暑熱順化)(ただし、その際は水分補給を忘れずに、無理のない範囲で実施してください。)。

周囲の方からの積極的な声掛けで予防する

 3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、幼児、障害者(車いすの方)への目配り、声掛けをするようにしましょう。

熱中症予防啓発チラシ

関連リンク

お問い合わせ

西脇市役所 くらし安心部 健康課
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-23-5219
問い合わせフォーム

更新日:2020年06月01日