じんけん講演会

第71回人権週間(12月4日~12月10日)

 国際連合は、1948年(昭和23年)12月10日の第3回総会において、世界における自由、正義及び平和の基礎である基本的人権を確保するため、全ての人民と全ての国とが達成すべき共通の基準として、世界人権宣言を採択したのに続き、1950年(昭和25年)12月4日の第5回総会においては、世界人権宣言が採択された日である12月10日を「人権デー」と定め、全ての加盟国及び関係機関がこの日を祝賀する日として、人権活動を推進するための諸行事を行うよう要請する決議を採択しました。

 我が国では、法務省と全国人権擁護委員連合会が同宣言が採択されたことを記念して、1949年(昭和24年)から毎年12月10日を最終日とする1週間(12月4日から同月10まで)を「人権週間」と定めており、その期間中、各関係機関及び団体の協力の下、世界人権宣言の趣旨及びその重要性を広く国民に訴えかけるとともに、人権尊重思想の普及高揚を図るため、全国各地においてシンポジウム、講演会、座談会、映画会等を開催するほか、テレビ・ラジオなど各種のマスメディアを利用した集中的な啓発活動を行っています。

じんけん講演会を開催しました

 第71回人権週間を迎え、西脇市では小野市出身で2008年北京オリンピック5000メートルに日本代表として出場された小林祐梨子(こばやしゆりこ)さんをお招きし、一人の女性として、母親として輝き続けるために、子どもを応援する社会や子育て中のママさんたちに理解のある社会の実現に向けて奮闘している思いを語っていただきました。

 学生時代に出会った恩師のお話しや心の葛藤や家族の話を聞き、エールをもらいました。

 令和元年度のじんけん講演会は終了いたしました。多数の参加ありがとうございました。

19じんけん講演会(小林祐梨子さん)
じんけん講演会19小林祐梨子さん

日時

令和元年(2019年)12月6日(金曜日) 午後7時~8時30分

場所

西脇市茜が丘複合施設みらいえ 多目的ホール

演題

「一人の女性として、母親として輝き続けたい」

講師

小林祐梨子さん(2008年北京オリンピック、2009年世界選手権5000メートル日本代表) 

定員

200人(先着順)

その他

おおむね生後6ヵ月~就学前の幼児を対象に託児を実施します(無料)。

利用するには事前の申込みが必要です。令和元年12月4日(水曜日)までに人権教育課へご連絡ください(先着10人)。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

西脇市教育委員会 教育管理部 人権教育課

電話:0795-22-3111(代表)
ファックス:0795-23-8844
問い合わせフォーム

更新日:2020年03月31日