家庭用創エネ省エネ設備導入に奨励金を支給

令和2年度の受付期間

 令和2年4月1日から令和3年3月31日まで。ただし、予算額に達した時点で受付終了します。

 必要書類は市役所くらし安心部環境課窓口へ持参ください(郵送不可)。

交付対象設備等

太陽光発電システム 

 太陽光を利用して電気を作り出すシステムです、二酸化炭素を発生することなく電気を作る環境にやさしい設備です。発電した電気は家庭で利用でき、使い切れず余った電力は電力会社に売ることができます。

太陽熱利用システム

 太陽熱を利用して熱を発生させ温水や温風を作り、給湯や冷暖房に利用するシステムです。太陽光発電と比較して、エネルギー効率が高く、構造がシンプルなため設備の設置費用が安価なところが特徴です。

家庭用燃料電池(以下「エネファーム」)

 都市ガスやLPガスを使い発電するシステムです。また、発電時に発生する熱でお湯を沸かすことができます。発電や給湯だけでなく、床暖房などの温水暖房設備の利用も可能です。

家庭用蓄電池

 電気を貯めておき、好きな時に利用できる設備です。料金の安い深夜電力を蓄えて、日中に利用することで電気料金を節約できます。また、非常時には非常用電源として備えることもできます。

電気自動車充給電設備

 電気自動車を充電し、また、電気自動車から電気を取り出して住宅で使用できるようにする設備です。非常時には、電気自動車の電力を非常用電源として利用することができます。

電気自動車

 電気で走る環境にやさしい自動車です。ガソリン車と比較して燃料費を抑えることができます。非常時には電気自動車充給電設備を利用して、電気自動車の電力を非常用電源として利用することもできます。

ホーム・エネルギー・マネジメントシステム(以下「HEMS機器」)

 家庭内の家電や電気設備とつないでエネルギーの使用量を「見える化」し、自動制御する管理システムです。家庭でのエネルギー使用状況を確認でき、適切に管理することで省エネにつながります。

自然冷媒ヒートポンプ給湯器(以下「エコキュート」)

 自然冷媒である二酸化炭素を冷媒として大気中の熱を利用し、お湯を沸かす家庭用給湯器です。

潜熱回収型ガス給湯器(以下「エコジョーズ」)

 ガスを燃料としてお湯を沸かす給湯器です。給湯時に発生する熱を利用することで従来の給湯器より効率よくお湯を沸かすことができます。

潜熱回収型石油給湯器(以下「エコフィール」)

 石油を燃料としてお湯を沸かす給湯器です。給湯時に発生する熱を利用することで従来の給湯器より効率よくお湯を沸かすことができます。

省エネルギー冷蔵庫(以下「省エネ冷蔵庫」)

 省エネ基準達成率100パーセント以上の省エネ効果が認められた冷蔵庫です。対象となる設備は5つ星の認定があるものになりますのでご注意ください。

プラグインハイブリッド自動車

 電気とガソリンを使って効率よく走行することのできる車です。家庭のコンセントからの充電ができるため、従来のガソリン自動車よりも燃料費を抑えることができます。

 未使用品に限ります。リース品、中古品および自作品は交付の対象としません。

対象設備の要件

 対象設備の電力需給開始日、設置完了日、自動車車検証の登録年月日が令和2年4月1日以降のものが対象になります。

国、県の補助金等について

奨励金の額

 奨励金は「へその街にしわき共通商品券」で交付します。

 対象設備等の種類ごとに、また、設置・販売業者が市内業者か市外業者かによって異なります。詳しくは「奨励金(共通商品券)の額」ファイルをご覧ください。

交付対象者

1.のいずれかに該当し、且つ2.及び3.の要件を満たす方

  1. (1)対象設備等を自ら居住する市内の既築住宅若しくは居住しようとする新築住宅に設置した方
    (2)対象設備等が設置された市内の住宅(店舗、事務所等の兼用住宅を含む)を自ら居住するために購入した方
    (3)電気自動車、プラグインハイブリッド自動車を自ら使用するために購入した方
  2. 交付申請時において、市内に住所を有する方
  3. 市税等(市民税その他の市税、介護保険料、保育料、後期高齢者医療保険料、水道料金、下水道使用料等)を滞納していない世帯の方

提出書類

 申請書(様式1号)のほか、それぞれの対象設備等ごとに定める書類が必要です。なお、提出いただいた書類は返却できません。

 対象設備ごとの必要書類は、次のとおりです。

 (他の補助等を受けている方は、補助額等がわかる書類を添付してください。)

令和2年度の受付状況

令和2年度の予算額は5,000,000円です。

奨励金の申請金額1,682,000円です。(10月9日現在)

内訳


  • 太陽光発電システム  4件(252,000円)
  • エネファーム     2件(200,000円)
  • エコキュート     4件(180,000円)
  • エコジョーズ     6件(180,000円)
  • 家庭用蓄電池     12件(600,000円)
  • 電気自動車      1件(100,000円)
  • PHV・PHEV      1件(50,000円)
  • HEMS機器      4件(120,000円)

奨励金の交付実績

 年度ごとの奨励金の交付実績をご紹介します。

令和元年度の交付実績

114件(執行額 5,280,000円)

平成30年度の交付実績

47件(執行額 3,465,000円)

平成29年度の交付実績

39件(執行額 3,115,000円)

平成28年度の交付実績

48件(執行額  3,460,000円)

平成27年度の交付実績

32件(執行額 2,640,000円)

商品券使用可能店舗

 「へその街にしわき共通商品券」の利用可能店舗については、次のリンク先をご覧ください。

お問い合わせ

西脇市役所 くらし安心部 環境課
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-22-3515
問い合わせフォーム

更新日:2020年10月14日