市民活動を支援する相談窓口について(中間支援事業)

 西脇市では、まちづくり活動の支援強化と中心市街地の活性化を目指し、中心市街地の料理旅館跡(旧ますや旅館)を活用して市民活動を支援する相談窓口 「西脇135」 を開設します。

 平成30年度に策定した「西脇市まちなか(中心市街地)活性化計画」では、目指す将来像として「まんなかから、つながるまち」を掲げました。中心市街地の課題解決に取り組むさまざまな団体の活動を総合的にコーディネートする中間支援窓口を中心市街地に設置し、中心市街地の多様な活動が連鎖的に展開されるよう促すことで、中心市街地の活性化を目指します。

 また、中間支援機能が中心市街地と周辺の地域の活動をつなぐ役割を果たすことで、日本のへそである西脇市の中心地から人と人とが、地域と地域とが、暮らしが未来へと「つながる」まちを目指します。

  まちなか活性化に向けた取組みの詳細は、下記をご覧ください。

相談窓口「西脇135」について

窓口開設日

毎週木曜日・土曜日(祝日を除く) 午前10時から午後4時

  • 現地への出張相談も行います。
  • 他の曜日でも対応できる場合があります。

場所

西脇市西脇303番地(旧ますや旅館)

相談・支援内容

  • 起業、運営に関する相談
  • 助成金に関する相談
  • 人材募集に関する相談
  • 社会貢献活動に関する相談
  • 各種セミナーの実施

※ご利用、ご相談にあたって費用は一切かかりません。

※内容に応じて専門のアドバイザーを派遣する「出張サポート」もあります。(一部有料のケース有り

【パンフレット】西脇135(PDF:151.8KB)

問い合せ先

西脇135(NPO法人兵庫SPO支援センター)

電話番号 0795-23-1200

メール contact@ikisapo.org

オープニングイベントを開催

 令和元年5月16日からの窓口開設に先立ち、5月11日と12日の2日間オープニングイベントを開催しました。

 イベントでは、昭和と平成の西脇のまちなみを比較した写真展「むかしと今・そして未来へ」や昭和中期の織物祭の映像上映があったほか、むかしなつかしの駄菓子屋や地域特産品を積んだ「笑顔いっぱい比也野号」がやって来、多くの人で賑わいました。

イベントの様子

西脇135オープニングの様子1

西脇135オープニングの様子2

 

地図

お問い合わせ

西脇市役所 都市経営部 まちづくり課
〒677-0015
西脇市西脇771-7
西脇市生涯学習まちづくりセンター(マナビータ・プラザ)
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-23-8833
問い合わせフォーム

更新日:2019年08月14日