令和4年度西脇市平和展

更新日:2022年08月17日

令和4年度西脇市平和展「世界の平和を想う」

 西脇市では、世界平和を願うとともに、広い世代の方に平和への関心を持ってほしいという思いのもと、戦後50年となる平成7年から平和展を開催しています。

 令和4年度は、「世界の平和を想う」をテーマに「沖縄戦とひめゆり学徒隊」と「ウクライナの風景と文化」の2つの展示を行いました。

 

日時・場所(開催期間、開催場所)

とき

令和4年8月6日(土曜日)~16日(火曜日) 午前9時~午後9時

ただし16日(火曜日)は午後3時まで。月曜日は休館。

ところ

播磨内陸生活文化総合センタードウジアム 市民ギャラリー

(西脇市西脇790-14)  入場無料

 

内容

沖縄戦とひめゆり学徒隊

令和4年は沖縄本土返還50周年の節目であることから、多くの教員と生徒が犠牲となった、沖縄戦とひめゆり学徒隊の悲劇の概要を説明するパネルを、合計60枚の写真とともに展示しました。

協力:ひめゆり平和記念資料館(沖縄県)

沖縄戦とひめゆり学徒隊のパネル展示の様子

ウクライナの風景と文化

令和4年2月、ロシアによるウクライナ侵攻が始まり、痛ましい現地の様子が連日報道されています。
展示では、侵攻を受ける前のウクライナの美しい風景や街並みの写真を掲示しました。写真は、三重県伊賀市にお住まいの、ウクライナにゆかりのあるお二人から提供いただいたものです。

また、ウクライナの伝統衣装や工芸、絵本などウクライナの文化も紹介しました。

ウクライナの風景写真展示の様子
ウクライナの文化を紹介する展示

この記事に関するお問い合わせ先

西脇市役所 都市経営部 企画調整課

電話:0795-22-3111(代表)
ファックス:0795-22-1014(代表)​​​​​​​
問い合わせフォーム