北海へそ祭りに西脇高校生が播州織をPR・播州ラーメンも初出店~!

更新日:2022年04月07日

北海へそ祭りイベントステージで播州織作品を贈呈

北海へそ祭りイベントステージで播州織作品を贈呈

 

平成24年7月28日(土曜日)~30日(月曜日)、西脇高校・生活情報科2年生の生徒4名・教師2名が富良野市最大のイベント「北海へそ祭り」にあわせ、富良野市を訪問しました。

現地では、西脇高校生が「北海へそ祭り」のイベントステージで、富良野市のご当地グルメを手がける「富良野オムカレー推進協議会」の加盟店(13店舗)に進呈する播州織のオリジナル作品を発表しました。また、富良野オムカレーをPRする「カレンジャー娘」(富良野緑峰高校生)4名とともに、へそ踊り参加団体の先頭に立ち、播州織浴衣を着て、手踊りを披露しました。

富良野緑峰高校では、両高の地域貢献活動の発表や次期カレンジャー娘が着用するエプロン制作に向けた意見交換を行うなど、友好の絆が深まりました。

さらに、播州ラーメンの老舗である「西脇大橋ラーメン」が、「北海 へそ祭り」会場で初めて出店を行い、1日目200食、2日目300食の計500食を販売しました。 播州ラーメンの特徴である、少し甘口の醤油ベースのスープも現地の方々にとても好評で、行列もできる人気ぶり。両日とも早々に完売し、 西脇の味を大いにPRしました。

今後も、このような事業などを通じて、さらに両市の友好の輪を広げるとともに、西脇市の特産品のPRをはじめ、交流活動を一層活発にしていきます。

西脇高校生が手踊りに参加

西脇高校生が手踊りに参加

富良野緑峰高校でカレンジャー娘のエプロンに関する意見交換

富良野緑峰高校でカレンジャー娘のエプロンに関する意見交換

北海へそ祭り会場に出店した播州ラーメンに並ぶ人の列

北海へそ祭り会場に出店した播州ラーメンに並ぶ人の列

播州ラーメン、500食完売!!

播州ラーメン、500食完売!!

この記事に関するお問い合わせ先

西脇市役所 都市経営部 企画調整課

電話:0795-22-3111(代表)
ファックス:0795-22-1014(代表)​​​​​​​
問い合わせフォーム