2月1日 片山市長から市民の皆様へ(市町別感染者数の公表を受けて/防災行政無線)

更新日:2021年03月31日

市長メッセージ文面

 

市長の片山です。

新型コロナウイルス感染患者の公表についてのお知らせです。

本日、兵庫県において公表ルールの変更があり、これまで、本人の承諾があった場合と、加東健康福祉事務所管内と公表された方のうち1ヵ月以上経過する方についてのみ、月初めに各市町の感染者として公表されていましたが、2月1日からは2週間経過した方を対象に、居住地が公表されることになりました。

これに伴い、昨年の発生から1月末までの約半年間に発生した、西脇市のコロナ感染者の数は、合計57人と発表されました。西脇市は北播磨地域の平均値よりわずかですが下回っています。

皆さまには、基本となる毎日の検温や手洗い・消毒、マスクの着用や不要不急の外出の自粛など、感染予防対策の徹底を引き続きお願いします。

また、西脇病院では、あすから、軽症の方を中心に陽性患者を受け入れます。市民の皆さま、コロナと戦う西脇病院を応援してください。

コロナウイルスは、いつ、誰が感染してもおかしくありません。予防できるのは、あなた自身です。これ以上、感染が拡大しないよう、皆さんの力で食い止めましょう。

関連リンク