5月15日 片山市長から市民の皆様へ(緊急対策等について/防災行政無線)

市長メッセージ文面

 

市長の片山です。

新型コロナウイルス感染防止にご協力をいただき、本当にありがとうございます。4月15日(防災行政無線・動画での初回放送日)以降、西脇市を含む加東健康福祉事務所管内では、新たな感染者は確認されておりません。

徐々にではありますが、元の生活に戻ろうとしています。来週には、小中学校の登校日を設けます。また、お一人10万円の特別定額給付金は、15日に申請書を発送しました。来週には、皆さんのお手元に届きますので、まずは開封し、ご確認いただきたいと思います。そして、来週18日(月曜日)からコミセンや隣保館など市内7ヵ所での相談窓口を設置します。

マナビータではワンストップ総合相談窓口を設置しています。14日(木曜日)までに事業所向けの支援制度や給付金について、約300件の相談を受け付けています。経済情勢の悪化は今まで経験したことのないものであり、できる限りの支援が必要だと感じており、さらに現在、第2弾目の支援策を考えております。

ともにこの難局を乗り切ってまいりましょう。

 

関連リンク

更新日:2020年05月15日