オリンピック・レガシーとは

オリンピック憲章には、「オリンピック競技大会のよい遺産(レガシー)を、開催都市ならびに開催国に残すことを推進する」と記されています。

オリンピック・パラリンピックの開催が決まると、開催地では各種施設やインフラの整備、スポーツ振興などが図られます。これにより、生活の利便性が高まるなど人々の暮らしにさまざまなよい影響が出ます。こうしたオリンピック・パラリンピックの開催を契機として社会に生み出される、長期的で持続的な効果が「オリンピック・レガシー」と呼ばれています。

お問い合わせ

西脇市教育委員会 生涯学習課 スポーツ振興室
〒677-0015
西脇市西脇790-15(西脇市総合市民センター内)
電話:0795-22-5996
ファックス:0795-22-6015
問い合わせフォーム

更新日:2017年04月25日