西脇市耐震改修促進計画

更新日:2021年04月09日

 平成7(1995)年1月に発生した兵庫県南部地震では、県内で249,180棟の家屋が全半壊し、6,434人の尊い命が犠牲となりました。地震による死者(約5,500人)の約9割は、住宅や建築物の倒壊等によって命を奪われたものであることが明らかになり、住宅や建築物の耐震化の重要性が認識されました。

 この教訓を踏まえ、国は、平成7(1995)年10月に「建築物の耐震改修の促進に関する法律」を制定しました。兵庫県では、平成19(2007)年3月に「兵庫県耐震改修促進計画」を策定し、以降、県内の住宅や建築物の耐震化対策を総合的に進めてきました。

 これを踏まえ、安全安心な住環境の確保に向けて、既存の住宅や建築物の安全性の向上を計画的に進め、耐震化を促進するために、本計画を策定しました。

この記事に関するお問い合わせ先

西脇市役所 建設水道部 建築住宅課

電話:0795-22-3111(代表)
ファックス:0795-22-1014(代表)​​​​​​​
問い合わせフォーム