公共施設稼働率調査

更新日:2021年03月31日

公共施設稼働率調査の背景と目的

 西脇市では、人口減少、少子高齢化、財政の硬直化など様々な課題を抱えています。

 このような中、過去に整備した公共施設等の老朽化が進んでおり、それらの維持や更新が大きな課題となっています。

 そのため、市では、公共施設等の維持や更新に係る課題を克服し、公共施設の適正化を推進するために、西脇市公共施設等総合管理計画を平成28年度に策定しました。

 老朽化した公共施設をこれまでどおり、維持し更新していくことは、市民ニーズ観点や財政的な観点からも現実的ではありません。

 そこで、先に策定した西脇市公共施設等総合管理計画では、今後30年間の長期間をかけて、約4割の公共施設の延べ床面積を縮減することで、安全で安心な市民サービスを将来にわたり維持していくこととしました。

 公共施設を段階的に縮小していくことは、行政サービスの後退につながるとの懸念もありますが、この取組を先送りすることは、子どもや孫など将来の世代までにわたり過度な負担を残す結果となります。

 また、市の財政に限りがある中で、公共施設に係るコストをこのまま維持した場合は、福祉や教育等の行政サービスに係る費用が不足するといったことにもつながりかねません。

 そのため、まちの将来を見据え、現在の公共施設で行われている行政サービス等の必要性や施設の健全性を改めて見直し、真に残すべき行政サービスや公共施設を「良質な財産」として次の世代へ着実に引き継いでいくことが重要です。

 この目的を達成するため、公共施設の利用状況及び運営管理状況を見える化する必要があり、この調査を行いました。そして、この調査結果を市民の皆様と共有することで、今後、公共施設の維持や統廃合を考えていくうえで、一つの指標になればよいと考えています。

調査結果

平成30年度の調査結果は次の報告書のとおりです。

稼働率調査結果報告書(平成30年度)

表紙・目次(PDFファイル:198.5KB)

第1章 西脇市公共施設稼働率調査について(PDFファイル:92.3KB)

第2章 公共施設の現状と課題(PDFファイル:99.9KB)

第3章 調査方法(PDFファイル:57.5KB)

第4章 調査結果(PDFファイル:270.2KB)

第5章 結果の分析(PDFファイル:94.1KB)

第6章-1 施設の配置(市内配置図)(PDFファイル:3.8MB)

第6章-2 施設の配置(施設外観1)(PDFファイル:5.2MB)

第6章-3 施設の配置(施設外観2)(PDFファイル:8.3MB)

第6章-4 施設の配置(施設外観3)(PDFファイル:9.7MB)

参考(PDFファイル:181.9KB)

この記事に関するお問い合わせ先

西脇市役所 建設水道部 建築住宅課

電話:0795-22-3111(代表)
ファックス:0795-22-1014(代表)​​​​​​​
問い合わせフォーム