公共施設マネジメントの取組み

更新日:2021年03月31日

公共施設マネジメントを進めています

 全国の自治体において、これまでに整備された道路や橋りょうなどのインフラ施設の老朽化、学校や市庁舎等の公共建築物の耐震性能不足等への対応が課題となっています。

 本市においても、学校、体育施設、市民会館、図書館などのいわゆるハコモノ施設や道路、水道などのインフラ施設など、公共施設の整備を進めてきました。

 一方で、本市では人口減少や少子高齢化が進んでおり、市税収入等の歳入減少傾向も続いています。この状況が続くと、現状の公共施設の維持管理や更新等に十分な対応ができなくなるおそれがあります。

 また、市民の方々の公共施設に対するニーズも従来とは変化しており、それらに適切に対応していくことも必要です。

 こうした状況を踏まえ、今後は、公共施設をできる限り有効に活用するとともに、本市の将来を見据えた公共施設の在り方を検討する等、公共施設マネジメントの取組みを進めていきます。

安全で安心な市民サービスを持続するために

 西脇市の公共施設の現状や課題、基本的な方針をまとめたリーフレットを作成しました。

お知らせ

平成28年5月 公共施設等総合管理計画を策定・公表しました。

公共施設等総合管理計画

 西脇市では、平成26年9月から「公共施設等総合管理計画」の策定を進め、平成28年5月に同計画を策定・公表しました。
 「公共施設等総合管理計画」は、自治体の保有する公共施設(インフラを含む)全てを横断的にマネジメントしていくための計画で、全国の自治体で策定が進められています。

 本市では、平成27年3月に、公共施設の現状と課題、基本的な考え方、庁舎の課題、庁舎の耐震性能向上に関する方策等について示した「公共施設等総合管理計画(中間報告書)」を策定したうえで、平成28年5月に「公共施設等総合管理計画」を策定しました。

この記事に関するお問い合わせ先

西脇市役所 建設水道部 建築住宅課

電話:0795-22-3111(代表)
ファックス:0795-22-1014(代表)​​​​​​​
問い合わせフォーム