播州織を使ったドクターコート「株式会社ワールド」を採用しました

更新日:2020年04月01日

 西脇病院では、地元の兵庫県北播磨地域の伝統技術である「播州織」生地で仕立てたFIELD WORLD のドクターコートを採用しました。

 このコートは、神戸市の"ファッション"と"医療"×兵庫県の地場産業"播州織"をコラボレーションして製作されたものです。

播州織は、自然な風合い、豊かな色彩、肌ざわりの良さをかもし出すなどの特徴があり、 「しわが寄らずスーツのようにおしゃれ。医師も喜んで着用できる一枚」と好評です。

 本院では、病室のシーツにも播州織を採用しており、今後も地元の伝統産業の魅力をお伝えしていきます。

播州織を使ったドクターコートを着用した医師2名

モデルは、当院内科医師の柏木夫妻です。

 詳しくは、株式会社ワールドのホームページをご覧ください。