現在の位置

水道管の凍結対策

寒くなったら水道管の凍結にご注意ください

気温がマイナス4度以下になると、水道管や蛇口が凍って水が出なくなったり、破裂して漏水することがあります。

日陰や風当たりの強いところ、むき出しになっている屋外の水道管などは特に注意が必要ですので、次のことを参考にしてご自宅の水道を凍結から守りましょう。

凍結を防ぐには

寝る前に少量の水を流してください

凍結しやすい水道の蛇口を開け、ちょろちょろと水を流しておくと凍結しにくくなります。

流した水は、浴槽やバケツなどに溜めておき洗濯などにお使いください。

露出している水道管を保温材で保護してください

とくに蛇口が破裂しやすいので、上まで完全に包んでください。

保温材はホームセンターなどで市販されていますが、毛布や布など身近なものでも代用できます。毛布や布で覆ってひもでしばり、濡れないように上からビニールなどを巻いて保護してください。

メーターボックスの中も同様に、濡れないよう布類をビニール袋に詰めて入れ、水道メーターまわりを保温してください。布を入れて保温しましょう

確実に凍結を防止したい場合は

自動ヒーター付保温帯を装着する方法もあります。

施工の詳細は、最寄りの「西脇市指定給水装置工事事業者」にご相談ください。

西脇市指定給水装置工事事業者一覧

水道管が凍ってしまったら

  • 蛇口を開けて、自然にとけるのを待つ
  • 凍結した部分にタオルをかぶせ、蛇口の方からぬるま湯をゆっくりかけてとかす

熱湯をかけると、蛇口や水道管が破裂する恐れがありますのでご注意ください。

凍結で水道管が破裂したら

凍結による破損は、気温が上昇する昼頃まで気づかないことがありますので充分注意しましょう。

漏水を発見したら

破裂した部分を確認し、メーターボックス内の止水栓を閉めて水を止め、上下水道部施設管理課(電話0795-22-3111)または最寄りの「西脇市指定給水装置工事事業者」に修理を依頼してください。

ボイラー・温水器等の故障による漏水は、購入先の業者に依頼してください。

漏水について

西脇市指定給水装置工事事業者一覧

お問い合わせ
西脇市役所 上下水道部
〒677-8511
西脇市郷瀬町605番地(西脇市役所第2庁舎内)
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-22-8573
問い合わせフォーム

更新日:2018年2月5日

Copyright © Nishiwaki City. all rights reserved