現在の位置

鍛冶屋線市原駅記念館

鍛冶屋線市原駅記念館概要

記念館写真

鍛冶屋線市原駅記念館概要
所在地 〒677-0004 兵庫県西脇市市原町233-3
概要

 西脇市立鍛冶屋線市原駅記念館は、大正10年5月9日に建築されたモダンな洋館風駅舎であった当時の市原駅を復元し、貴重な資料や記録を展示しています。

 播州鉄道は明治43年11月1日に加古川流域の運輸のため発足しました(加古川舟運の高瀬舟は300有余年の歴史を閉じました)。そして、平成2年3月31日をもって、鍛冶屋線(野村~鍛冶屋間13.2キロメートル)が60有余年の歴史を閉じました。

記念館

【開館時間】 午前9時~午後5時

【休館日】

 月曜日、年末年始(12月29日~1月3日)

 注意:月曜日が祝日の場合はその翌日

【入館料】 無料

車両展示  キハ30-70、キハ30-72の2両を常時、屋外展示

 

鍛冶屋線市原駅記念館展示車両ペイント大作戦!

改修前の記念館及び車両

旧市原記念館

展示車両

展示車両

地図

携帯・スマートフォンに地図URLを送る
@ 送信
機種選択:
お問い合わせ
西脇市役所 都市整備部 都市住宅課
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-22-6283
問い合わせフォーム

更新日:2015年10月23日

Copyright © Nishiwaki City. all rights reserved