トップページ

9月

小学校生活最後の運動会

 暑さが残る中、運動会の練習から始まった2学期。

 ひとつひとつの行事が“小学校生活最後”となる6年生にとって、運動会にかける思いは特別なものがありました。

 全校生の思いがひとつになることを願ってつくったスローガン。多くの6年生が関わり、どんな言葉がみんなの胸に響くのか悩み考えてくれました。

 白熱した戦いを繰り広げた騎馬戦。自分たちの声援が仲間の背中を後押しすればと、大将騎を中心に応援歌を考え、5・6年生に広めました。

 そして、運動会のフィナーレを飾った組体操。土台の子は上に乗る仲間のために痛みをこらえ、上に乗る子はそんな仲間の思いに応えようとしました。

 また、他学年の演技の裏では、6年生一人一人が自分に与えられた役割をしっかり最後までやり遂げてくれました。

 5年前、あどけない表情でダンスを踊っていたあの子たちが、最上級生として立派に運動会を創りあげてくれました。そんな子どもたちの姿は、保護者の皆様の目にどのように映ったでしょうか。これからの子どもたちの更なる成長を期待して下さい。

小学校生活最後のかけっこ。

誰一人あきらめず、最後まで走りぬいてくれました。

運動会を通して学んだことを自信に、

卒業へ向けて走り続けます。