トップページ

7月

総合の学習で、手話体験をしました。

6月の車いす体験に引き続き、今月は手話体験をしました。

ゲストティーチャーの手話サークル「わかば」のみなさんから、耳が聞こえにくい方とのコミュニケーションの取り方についてお話しをいただきました。ゲーム形式で、空書、ジェスチャー、口話、読話などを実際にし、いろいろな方法でのコミュニケーションのとり方を体験できました。

また、「おはよう」、「こんにちは」、「こんばんは」などのあいさつから、すき、きらい、ありがとうなどの簡単な手話を教えていただきました。

実際に手話をすることで、それぞれいろいろな思いが芽生えたようです。

学習の終わりには、みんなが安心して生活していくために「自分」にできそうなことを考えました。

これからの学習につながる体験となりました。

今年度最後の水泳の授業では「着衣泳」に取り組みました。

水の中で自分の「命」を守るためにはどうすればよいか、水難事故に遭遇したときにどのような行動がとれるかなど、「命」を守る方法について、学びました。

みんな真剣に取り組んでいました。