トップページ

7月

一学期福祉体験総まとめ

一学期のはじめに「やさしさを知り、自分を見つめよう」というテーマで、福祉体験の学習がはじまりました。

子どもたちは、福祉という言葉をなんとなく聞いたことはあるけど、具体的にどんなことが行われているのか、はじめはあまりわかりませんでした。しかし、実際に萩ヶ瀬会館の見学で、身近にあるやさしさを知り、車いす体験や手話体験を通して、障害のある方々の思いや願いを学習しました。少しずつ福祉というものがどのようなものかに、迫っていくことができました。

今月は一学期の総まとめをしました。ひとりひとりがお互いに声を掛け合って、自分の思いや、これからの自分にできることを交流しました。みんな積極的に声を掛け合い、考えを深めていくことができました。

まだまだ、子どもたちは世の中のやさしさについて学び始めたばかりです。今後の学習を通し、やさしさとは何かを知り、自分に還元していってくれることを期待します。

sasa

dd

fds

dfg

jhg

yr

qwq
gf