校長あいさつ

新たなスタートにあたって

校長  藤井 修一

 草花が美しく咲き誇るいい季節を迎えました。4月10日(火曜日)に新入生140名を迎え、全校生456名になり、平成30年度がスタ-トしました。

本年度は、学校教育目標を「豊かな心を育み たくましく生きる南中生の育成 ~夢や目標の実現に向かって努力する生徒の育成~ 」としました。この目標のもと、めざす学校像を

(1)    あいさつが響き 「ありがとう」があふれる学校

(2)    創造力あふれる活力に満ちた学校

(3)    家庭・地域と連携し信頼される学校  

めさす生徒像を

(1)「伸びる」・・・課題に向かって主体的に取り組む生徒(知)

(2)「繋がる」・・・自律し 思いやりと感謝の心をもつ生徒(徳)

(3)「ねばる」・・・夢や目標を持ち 最後までやり抜く生徒(体)

知・徳・体の調和のとれた人づくりを進めていきます。

将来社会の中で、自立してたくましく生きていくための基礎を中学校のこの時期に身につけさせたいと考えています。困難なことに出会ったときそれを乗り越えていくために、自ら学び考え、問題解決を図れる生徒、また、ふるさとを愛し、自分を大切にし、人にやさしい心豊かな生徒を育成していきます。そのために、この一年、生徒たちに

「思いを形に」・・目標や志を達成するため具体的に行動に移し、互いに認め、励ましあうことで、あきらめず最後までやり抜く。

「学び続ける」・・いろいろな場面で、新しいことを吸収し、成長する。

を仕掛けていきます。

全教職員、子どもに寄り添い、気持ちを一つにして信頼される学校づくりに取り組んでまいります。保護者や地域の皆様、どうぞ学校の取組を理解していただき、今まで同様にご支援・ご協力賜りますよう、よろしくお願いいたします。