自分と子どものベストバランスを考えよう!~パパの子育てとワーク・ライフ・バランス~

平成30年7月15日(日曜日)にパパ応援セミナー「自分と子どものベストバランスを考えよう!~パパの子育てとワーク・ライフ・バランス~」を実施しました。講師にはテレビや執筆で活躍されている小崎先生にお越しいただき、ワーク・ライフ・バランスや男性の育児参画の必要性をデータ等を用いて分かりやすく説明いただき、生活を見直す機会となるセミナーとなりました。

当日の様子

講師の小崎先生。軽快なトークで参加者を引き付けていらっしゃいました。

自身の経験や統計、グラフを交えた説明は説得力がありました。

セミナーの様子

現役のパパ・ママの参加が多くみられました。

また、イクボス世代の参加もあり、それぞれのステージにおけるワーク・ライフ・バランスを考える機会となりました。

セミナーの様子

セミナーの後半には、ワークを実施しました。

人生に必要な10項目が書かれたカードを優先順に並べ、不必要なものを外すという簡単なワークを通して、自分が本当に大切なものについて客観的に考える機会となりました。

 

男女共同参画センターから

参加者からは、下記のような声をいただきました。

  • 初めて父親として講座に参加しました。他の方と関わる機会、普段気にかけて教わることのないことを多々学ぶことができました。
  • 「イクボス」世代ですが、自分自身をもっと大切にしなければと思うと同時に、育児世代の若い人に働きやすく仕事もいい結果が出てやりがいのある仕事はどうあるべきか考えていきたいと思いました。

 

それぞれの立場で、子育てや家事への関わり方について振り返りをする時間となりました。

西脇市男女共同参画センターでは、今後も男性の家事・育児参画への啓発、ワーク・ライフ・バランスに関するセミナーを開催していきます。

 


以下は、募集時の記事です

 

パパ応援セミナー

このセミナーは、こどもプラザ「3世代パパ育て事業」との連携セミナーです。

パパが子育てに関わると子どもにとっても家族にとっても良いことがたくさん!でも、子育てへの関わり方が分からない、仕事が忙しくて時間がとれない…など、疑問や悩みがあるもの。
3人の男児の父であり、保育者でもある講師が子育てや生活の「ベストバランス」についてお話します。

セミナー内容

日時

平成30年7月15日(日曜日) 午後2時~3時30分

講師

講師写真

小崎恭弘さん
(大阪教育大学教育学部教員養成課程家政教育講座 (保育学) 准教授)

兵庫県西宮市初の男性保育士として施設・保育所に12年勤務。三人の男の子それぞれに育児休暇を取得。それらの体験をもとに「父親の育児支援」研究を始める。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌等にて積極的に発信を行う。

NPOファザーリングジャパン顧問 ・NPOファザーリング・ジャパン関西理事、顧問。兵庫県男女共同参画委員、大阪府男女共同参画委員。東京大学発達保育実践政策学センター研究員等の活動も行う。

場所

西脇市茜が丘複合施設「Miraie(みらいえ)」会議室1

定員(要申込/先着順)

30名

対象

子育て中のパパ・ママ、テーマに関心のある方

一時保育(無料/要申込/先着順)

15名程度(満6ヶ月から就学前まで)

申込方法

申込用紙の場合

下記チラシをダウンロードし、裏面に必要事項を記入の上、ファックス又は郵送、持参してください。

チラシ・申込用紙「自分と子どものベストバランスを考えよう!」 (PDF:227.7KB)

メールの場合

参加される方の名前、住所、年齢、電話番号、(一時保育が必要な場合は)お子さまの名前、年齢等必要事項を入力し、 danjyo-c@city.nishiwaki.lg.jpへお送りください。

  • 件名に「パパ応援セミナー申込み」と入れてください。

その他

電話(0795-25-2800)または西脇市茜が丘複合施設「Miraie(みらいえ)」の総合案内でも申し込みできます。

主催

西脇市こどもプラザ/西脇市男女共同参画センター/もっとすてきに“パートナー”委員会

自分と子どものベストバランスを考えよう!~パパの子育てとワーク・ライフ・バランス~の詳細
分野

男女C,こども

場所

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

申込

申込必要

問い合わせ先

男女共同参画センター
(茜が丘複合施設「Miraie(みらいえ)」内)
電話:0795-25-2800(代)
ファックス:0795-25-2220
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。