現在の位置

太閤腰掛石(黒田庄町岡)

豊臣秀吉が腰掛けたとされる石

 黒田庄町岡の極楽寺本堂の裏手に、太閤腰掛石と呼ばれる庭石があります。
 太閤腰掛石由来記には「羽柴秀吉、天正年間三木攻略のとき、大志野に陣し、兵主神社に戦勝を祈願して、燈明田を献せり」とあります。
 現在の極楽寺は、その頃まだ建てられておらず、そこは兵主神社の森つづきの境内であったと考えられています。秀吉はそこに兵を駐め、自らも下馬して傍らのこの石に腰を下ろし、「下知采配に當たりしならむ」と伝えられています。
 後に天下統一を果たし、関白・太政大臣の地位についた太閤秀吉にあやかろうと、この石に腰掛ける里人が現れたのも当然のことでしょう。

地図

携帯・スマートフォンに地図URLを送る
@ 送信
機種選択:

関連リンク

ふるさと探訪

お問い合わせ
西脇市役所 総務部 秘書広報課(広報担当)
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-22-1014
問い合わせフォーム

更新日:2013年2月7日

ライフシーン / 目的別に探す

  • 妊娠・出産
  • 学校・園
  • 結婚・離婚
  • 住居・引越
  • 病院・予防
  • 介護・障害
  • 各種手当・助成
  • おくやみ
  • 各種相談
  • 税金
  • 水道・下水
  • ごみ
ふるさと探訪
Copyright © Nishiwaki City. all rights reserved