現在の位置

平成30年度企画展 スワイベル織物見本展

 スワイベル織物は嶺南織物株式会社(多可町加美区)で開発され、昭和28年頃から昭和40年代まで生産されていました。一見、刺繍が入ったような織物に見えますが、柄に用いられる飾糸をたて糸に絡ませ、柄を作りながら織っていることが特徴です。生産効率が悪く、複雑な柄の織物では1日に数メートルしか織ることができない非常に高価な織物でした。

 今回の展示は、見本帳及び製織に使っていたスワイベル装置や糸巻き機、開発装置の設計図の一部も展示しています。

開催期間

平成30年7月21日(土曜日)~平成30年9月24日(月曜日)

開館時間

午前10時~午後6時

休館日

毎週月曜日(9月24日は開館)、9月18日(火曜日)

場所

西脇市郷土資料館特別展示室

入館料

無料

地図

携帯・スマートフォンに地図URLを送る
@ 送信
機種選択:
お問い合わせ
生活文化総合センター 西脇市郷土資料館
〒677-0015
西脇市西脇790-14
電話:0795-23-5992
ファックス:0795-22-5580
問い合わせフォーム

更新日:2018年7月6日

Copyright © Nishiwaki City. all rights reserved