現在の位置

(公財)ひょうご産業活性化センターによる起業家支援

公益財団法人ひょうご産業活性化センターでは、女性・若手・シニア・ミドル・UIJターン起業家を支援する制度があり、さまざまな助成が受けられます。起業をお考えの方、あるいは平成30年4月以降(ミドル起業家は平成31年4月以降)に起業済みの方は、この機会に是非ご活用ください。

女性起業家支援事業

対象

女性の代表者(実質的な経営者)で、兵庫県内に活動拠点を置き、平成30年4月1日から平成32(2020)年1月末日までに、新たに起業や第二創業をした方、またはする予定の方

補助額

上限100万円(補助率2分の1以内)

空き家を活用する場合は、改修費に対して別途100万円を上限に加算あり

対象経費

起業に要する経費(事務所開設費、備品購入費、広告宣伝費等)

募集期間(平成31年度) 

平成31年4月15日(月曜日)~7月31日(水曜日)

若手起業家支援事業

対象

若手(平成31年4月1日時点で35歳未満)の代表者(実質的な経営者)で、兵庫県内に活動拠点を置き、平成30年4月1日から平成32(2020)年1月末日までに、新たに起業や第二創業をした方、またはする予定の方

補助額

上限100万円(補助率2分の1以内)

空き家を活用する場合は、改修費に対して別途100万円を上限に加算あり

対象経費

起業に要する経費(事務所開設費、備品購入費、広告宣伝費等)

募集期間(平成31年度) 

平成31年4月15日(月曜日)~7月31日(水曜日)

シニア起業家支援事業

対象

シニア(平成31年4月1日時点で55歳以上)の代表者(実質的な経営者)で、兵庫県内に活動拠点を置き、平成30年4月1日から平成32(2020)年1月末日までに、新たに起業や第二創業をした方又はする予定の方

補助額

上限100万円(補助率2分の1以内)

空き家を活用する場合は、改修費に対して別途100万円を上限に加算あり

対象経費

起業に要する経費(事務所開設費、備品購入費、広告宣伝費等)

募集期間(平成31年度) 

平成31年4月15日(月曜日)~7月31日(水曜日)

ミドル起業家支援事業

対象

代表者がミドル層(平成31年4月1日時点で35歳以上55歳未満)で、かつ、県内に居住し、及び活動拠点を置いて、平成31年4月1日から2020年1月末日までに、新たに起業や第二創業をした方又はする予定の方

補助額

上限100万円(補助率2分の1以内)

空き家を活用する場合は、改修費に対して別途100万円を上限に加算あり

対象経費

起業に要する経費(事務所開設費、備品購入費、広告宣伝費等)

平成31(2019)年8月1日(目途。交付決定日)から平成32(2020)年1月末日までの間に、物品等の引き渡しや役務の提供及び支払が完了する経費に限ります。

募集期間(平成31年度) 

平成31年4月1日(月曜日)~6月28日(金曜日)

ふるさと起業・移転促進事業(UJIターン者起業支援)

対象【東京23区枠】

平成31年4月1日から平成32(2020)年1月末日までに、

  • 東京圏から県内に住民登録を移し、5年以上移住し続ける意思を有する代表者
  • 県内に活動拠点をおいて起業した、または予定している方で5年以上事業を営み続ける意思を有する方

移住直前に連続して5年以上東京23区に在住し、または東京圏に在住で23区に通勤していた方

(東京圏とは、東京都、埼玉県、千葉県及び神奈川県のうち条件不利地域(過疎地域等)を除く地域となります。)

補助額【東京23区枠】

上限100万円(補助率2分の1)

空き家を活用する場合は、改修費に対して別途100万円を上限に加算あり

対象経費【東京23区枠】

起業に要する経費(事務所開設費、備品購入費、広告宣伝費等)
平成31(2019)年8月1日(目途。交付決定日)から平成32(2020)年1月末日までの間に、物品等の引き渡しや役務の提供及び支払が完了する経費に限ります。

募集期間(平成31年度)【東京23区枠】

平成31年4月1日(月曜日)~6月28日(金曜日)
 

対象【一般枠】

平成30年4月1日から2020年1月末日までに県外から兵庫県へ住民登録を移し、次のいずれかに該当する代表者で、かつ3年以上(2023年1月末日まで)県内に居住し続ける意思がある方

  1. 県内に活動拠点を置いて、平成30年4月1日から2020年1月末日までに、新たに起業や第二創業をした方又はする予定の方
  2. 平成31年4月1日から2020年1月末日までに県外の事業所(本社)県内へ移転した方又は移転する予定の方

補助額【一般枠】

上限200万円(補助率2分の1)

  • 起業・事務所移転に要する経費=上限100万円(補助率2分の1)
  • 移住に要する経費=上限100万円(補助率2分の1)

空き家を活用する場合は、改修費に対して別途100万円を上限に加算あり

対象経費【一般枠】

起業・事務所移転に要する経費(事務所開設費、備品購入費、専門家経費、広告宣伝費等)、移住に要する経費(引越代、移住後の住宅家賃等)

募集期間(平成31年度)【一般枠】

平成31年4月15日(月曜日)~7月31日(水曜日)

その他の事業

「ひょうごチャレンジ起業支援貸付」(無利子貸付)の同時申請

起業の場合、補助金と同時申請できる「ひょうごチャレンジ起業支援貸付」を実施。

事業実施に必要な経費について、上記助成金の申請とは別に、貸付金として最大500万円を申請することができます。(ただし、第二創業・事業所移転の場合は貸付申請不可)

貸付限度額

500万円(貸付対象経費の70%以内、貸付額は万単位)

貸付利率

無利子

貸付期間

10年以内(うち3年据置)

募集要項・申請様式

ひょうご産業活性化センター(外部サイト)

申請・問合せ先

公益財団法人 ひょうご産業活性化センター 創業推進部 新事業課

〒650-0044

神戸市中央区東川崎町1-8-4 神戸市産業振興センター2階

電話番号:078-977-9072 ファックス番号:078-977-9112

お問い合わせ
西脇市役所 産業活力再生部 商工観光課
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-22-6987
問い合わせフォーム

更新日:2019年4月15日

Copyright © Nishiwaki City. all rights reserved