現在の位置

65歳超雇用推進助成金・プランナー制度のご紹介

高年齢者の戦力化に役立つ「65歳超雇用推進助成金」

高年齢者が意欲と能力のある限り年齢に関わりなく働くことができる生涯現役社会を実現するため、65歳以上への定年引き上げ、高年齢者の雇用環境の整備、高年齢の有期契約労働者の無期雇用への転換を行う事業者に対して助成する3つのコースがあり、会社における高年齢者の一層の戦力化や高年齢者が働きやすい環境整備の構築に資する公的支援制度です。

65歳超継続雇用促進コース

  • 65歳以上への定年の引き上げ
  • 定年の定めの廃止
  • 希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入

上記いずれかの制度を実施した事業主に支給されます。

(助成金額:5万円~160万円)

高年齢者雇用環境整備支援コース

高年齢者の雇用の安定のために以下の雇用環境整備の措置を実施した事業者に対して支給されます。

(所要経費の45~75%助成・上限額1,000万円)

  • 機械設備の導入、作業方法・作業環境の改善
  • 賃金、能力評価、労働時間等の雇用管理制度の導入・見直し及び健康管理に関する制度の導入

高年齢者無期雇用転換コース

50歳以上で定年年齢未満の有期契約労働者を、転換制度に基づき、無期雇用労働者に転換した場合に支給されます。

支給額は、無期雇用労働者に転換された対象労働者1人につき48万円(中小企業以外は38万円 ただし、生産性要件を満たす場合には加算あり。)

制度の詳しい内容は下記のチラシをご確認ください。

「65歳超雇用推進助成金」案内チラシ(PDF:671.7KB)

「65歳超雇用推進プランナー」制度

会社の将来を見据えた高年齢者の活用のため、65歳以上への定年引き上げや65歳を超えた継続雇用延長等の制度改定を検討している会社に対し、高年齢者雇用の専門家(社会保険労務士・中小企業診断士等)が無料で相談助言の支援をします。

企業診断サービス等のツールを利用し、各企業の実情を踏まえた具体的な提案書を作成します。

(提案項目例:定年引き上げ等の制度改定、人事管理制度の整備、賃金・退職金制度の整備、健康管理等)

以下のようなお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

  • 高年齢社員の経験を活かしきれていない。
  • 高年齢社員のモチベーションが低い。
  • 高年齢社員の定着率が上がらない。
  • 将来の労働力不足に備えたい。

制度の詳しい内容は下記のチラシをご確認ください。

「65歳超雇用プランナー」制度案内チラシ(PDF:304.3KB)

お申込み・お問合せ先

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構兵庫支部

電話番号:06-6431-8201

ファックス番号:06-6431-8220

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構ホームページ

お問い合わせ
西脇市役所 産業活力再生部 商工観光課
電話:0795-22-3111(代)
ファックス:0795-22-6987
問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2019年1月11日

Copyright © Nishiwaki City. all rights reserved