日野小日々小景(三月)

3月21日 月曜日 郷瀬町 地蔵一本桜のまつり

 北播磨で一番早く咲くといわれている郷瀬の地蔵一本桜のまつりがありました。ほぼ満開に近く、ここ数年にわたって世話をされている樹木医さんの話によれば、「剪定をして光がよく入るようになったので花の数は増えた」と言われていました。近隣から大勢の方が見に来られていました。北高校の生徒による焼きそば販売も長蛇の列ができていました。

 

 

 その一本桜がわが日野小学校の前庭に移植されてから、3年がたちます。うまく根付くか心配されましたが、年々花の数が増えてきました。樹木医さんの話だと来年は一気にたくさん咲くだろうといわれていました。今から来年が楽しみです。

 

 

 

3月8日 火曜日 校庭の地蔵一本桜が咲き始めました

3月に入り、つぼみの色が少しずつ赤くなっていましたが、ついに8日火曜日には写真のようにちらほら咲き始めました。

  

いよいよ北播磨にも春が来ているようです。 

 

 

3月6日 日曜日 3年生 環境学習の発表

3月6日 西脇市立図書館(みらいえ)で3年生が1年間勉強してきた環境学習の成果を発表しました。

杉原川の水質、水棲生物について、学校近くの川だけでなく、上流の加美区の川まで調べ、わかったことを発表しました。

最後に川をきれいに保つため、ごみを捨てないよう呼びかけました。

素晴らしい発表でした。

 

 

3月4日 金曜日 西脇市“絆(つむぎ)賞”受賞式

3月4日、マナビータ3階のホールで絆賞の授賞式がありました。絆賞は、県大会優勝または全国大会出場など、素晴らしい結果を残した、文化・スポーツの個人・団体に贈られる賞です。

第35回全日本バレーボール小学生大会全国大会でベスト8に入った「日野バレーボールスポーツ少年団」も表彰を受けました。おめでとう!!