日野小日々小景(十月)

10月30日 金曜日 児童集会(図書委員会発表)

今日の児童集会は、図書委員会の発表でした。

自分たちが読んでおもしろかった本の紹介です。

本の名前、おもしいところ、あらすじと紹介しました。しかし、最後のいちばんおもしろい部分は「図書室に来て読んでください」と読書意欲をかき立てる上手な発表でした.。

これは、読み聞かせをしているところです。狂言という難しいジャンルに挑戦しました。低学年も興味深く聞いていました。

最後に11月のお知らせでした。

  1. 新しい本が入ること
  2. 読書チャンピオンコンクールをすること
  3. 先生による読み聞かせ会をすること

本好きの日野っ子が増えるといいですね。

 

10月24日 土曜日 北播陸上

北播陸上競技大会が三木市の防災公園陸上競技場でありました。本校からも多数の児童が参加し、精一杯競技しました。

天候もよく、児童は広い競技場で緊張した様子でしたが、ほとんどの児童が自己ベストを更新しました。

 

 

10月18日 日曜日 Miraie竣工式

西脇市野村町茜が丘に「Miraie(みらいえ)」ができました。図書館を含む複合施設です。

子どもの活字離れがよく記事になります。実際、本校のアンケートでも読書の時間は決して多いほうではありません。

以前より少し遠くなりますが、とてもきれいで駐車場も広いのでぜひ行ってみてください。

これはオープニングセレモニーで「放課後子どもよさこい教室」の子どもたちによるダンスがありました。本校児童も多数出演し、日頃の練習の成果を発揮して楽しそうに踊っていました。

 

 

10月17日 土曜日 親子人権参観日

親子で人権を考える参観日がありました。各学年、学年に応じて人権を考える授業がありました。親子が同じグループで話し合ったり,家の人に自分の小さかったころのことを聞いたりと楽しい雰囲気の中にも真剣な話し合いができていました。

 

 

 

  

 

また、今年の人権講演会はDVDを鑑賞するものでした。親子で鑑賞しました。

「宮田俊也(宮プー)さんと山元加津子(かっこちゃん)さんは、同じ石川県の特別支援学校に勤める同僚でした。その宮プーが2009年2月20日に脳内出血で突然倒れ、医者に一生植物状態だし、一生体のどこも動きません。肢体麻痺です。」と言われました。

しかし、かっこちゃんはあきらめず、瞬きを利用した「あかさたなのスキャン」から始め、首が少し動き始めると、首を横にするとスイッチの入る機械とレッツチャットという意思伝達装置を使って会話ができるようになる。」という内容の映画でした。

鑑賞いただいたみなさんありがとうございました。

 

 

10月16日 金曜日 児童集会 (掲示委員会による発表)

今日の児童集会は,掲示委員会による発表でした。

        劇あり

 

       クイズあり

児童玄関や廊下に掲示してあるいろいろな掲示物について,日ごろからよく見ている人なら答えられるクイズをしたりして、掲示物に関心をもってもらえるよう訴えました。

 

 

10月16日 金曜日 稲刈り体験 5年

6月に田植えをした稲が刈取りの時期を迎えました。5年生が鎌で稲刈りをしました。

 刈り始め  刈っては10ずつまとめていきます。

 

中ごろ 半分ぐらい刈れてきました

 

初めて体験する子が多く、わいわい言いながら、約1時間半ですべての稲を刈りました。

今回も太陽の会はじめ多くのボランティアの方にお世話になりました。

刈り取ったもち米は、11月にみんなでついてお餅にします。これも今から楽しみです。

 

 

10月13日 火曜日 4年 点字体験

4年生が点字ボランティア(代表福井さん)さんの指導のもと,点字体験をしました。

これは点字とはどんなものか説明を聞いているところです。

実際に点字を打つ道具を使って点字を打っていきます。

この体験をとおして、点字に関心を持ち、目の不自由な方への理解が深まればと考えています。

10月6日 火曜日 芸術鑑賞会

今日,芸術鑑賞会がありました。幼稚園から6年生までの園児、児童全員が鑑賞しました。保護者の中にも来ていただいた方がありました。

演題は「夢をかなえるゾウ」です。ベストセラーになった本で、テレビドラマにもなりました。今日は「自由人劇団」の方々による劇でした。

スモークの中から人が現れたり、ペットボトルが宙をういたり、ベッドや机の中から人が出てきたりと楽しい仕掛けがたくさんありました。

そして、主人公の「ショウタ」が「神様」を名乗る謎の生物・ガネーシャの指南によって自らの人生を変えていく物語でした。その中で「野球で活躍する」という夢をかなえるためにショウタが3つの課題をクリアしていくことになります。

そして、みごと、3つ課題をクリアしたショウタは野球で大活躍する話でした。

子どもたちは、話の世界に入り込み、びっくりしたり、笑ったり、感心したりと大喜びでした。

児童会の児童が代表でお礼を言いました。

最後は、体育館の出口でハイタッチでお別れしました。

 

 

10月5日 月曜日 芋ほり 3年

自分たちが苗を植え、草引きもしたサツマイモ畑で芋ほりをしました。たくさんのサツマイモに自分たちもびっくり。

ビニル袋に入れ、一人2キログラムずつおうちにもって帰りました。残ったサツマイモは11月の収穫祭で焼き芋をしてみんなで食べる予定です。