始業式・朝会での話

4月の話

4月6日の始業式で話したこと

「 太陽のような日野っ子に」

 

 みなさん おはようございます。

 そして、みなさん「ひとつ上の学年への進級、おめでとうございます。」

今日から、みなさんそれぞれに、新しい学年でスタートします。

私は、重春小学校からかわってきた校長の「阿江 誠」といいます。

 

早速ですが、阿江校長先生からクイズを出します。これは何でしょう?

日野マンを見せる)hinoman

児童・・「ひのマン」

そうです。ひのマンです。ひのマンの顔や胸にあるマークは何か知っていますか?

 これです。

校章を見せるkousyou

児童・・「学校のマーク」

そうこの上にもありますね。学校のマーク「校章」といいます。この校章は今から63年前に大木町の杉岡千代子さんという人が考えたものです。

 この校章の中にあるのは「小」です。つまり小学校の小です。これをとるとこうなり  

ます。

小を抜く

 これは太陽です。日野小学校が太陽のような学校になってほしいという気持ちを込めてつくられたそうです。ではなぜ太陽なのでしょう。

 

杉岡さんは「太陽は誰でも分け隔てなく希望や愛情を与える」と言われました。勉強や運動が得意な人はもちろん、勉強が苦手な人にも、運動が苦手な人にも同じように太陽は光を与えてくれます。「やればできるよ」「がんばってみようね」と優しく呼びかけてくれているのです。

日野小学校の校章にはこんな素晴らしい意味があるのです。

 そんな太陽を心にもって元気で優しい日野っ子に育ってください。

 

これで、校長先生からのお話を終わります。

 

 

 

4月13日の朝会で話したこと

「日野小学校の名前」はどこから

 

みなさん,おはようございます。今日は3つお話をします。

1つ目はうれしいことです。

今日から幼稚園の子が一緒に登校していますが,高学年の人が上手にしっかりと連れていってくれていました。高学年の人,ありがとう。

 

2つ目はクイズです。

 この神社はなんという名前の神社でしょう?

児童・・まひとつ神社hirano

 そうです、これは大木にある「天目一神社」です。しかし,この神社は2つの神社が一緒になっています。もう一つの神社は「平野神社」といいます。神社の入り口には2つの名前が書いてあります。

 では次,この神社は何という名前の神社でしょう。

児童・・かすがさんkasuga

 そうです。これは小坂にある「春日神社」です。

なぜ,今日この二つの神社を紹介したかというと、この2つの神社の名前とこの「日野小学校」の名前がとっても関係があるからです。この日野小学校の「日」は春日の「」です。そして日野小学校の「野」は平野の「」です。この二つを合わせて「日野」というようになったそうです。

 3つ目は、校長先生はみなさんの授業の様子を見るために,時々勝手に教室に入りますが,みなさんはそのまま先生の方を向いて普通に勉強を続けてください。あいさつは要りません。また知らない間に出ていきます。

 

今日は3つのお話をしました。これで校長先生の話を終わります。

5月の話

 

 

5月11日月曜日 朝会で話したこと 

               「日野小学校の誕生日」

今日は日野小学校の誕生日の話をします。日野小学校は今年で142歳になります。でも,できたときは,2つに分かれていて,「保明小学校」と「龍輝小学校」といいました。それから2年後「龍輝小学校」は「擾毅(じょうき)小学校」に名前が変わりました。難しい字の名前ですね。

明治15年に二つの小学校が一緒になり,「明毅小学校(保明の明と擾毅の毅をとって)」になりました。

日野という名前がつくようになるのは明治33年「日野尋常小学校」というのが最初です。

日野小学校という名前になるのは,昭和27年です。みなさんは142年前からある日野小学校の児童です。

さて,ここで問題です。日野小学校の誕生日はいつでしょう?

  • 5月15日
  • 9月15日

正解は5月15日です。長い間9月15日を日野小学校の誕生日としていましたが,最初の2つの小学校ができた日(5月15日)を誕生日することにしました。だから,5月15日.が正解です。今週の金曜日になります。

 第2問。最初の校長先生から数えて,今の校長先生まで何人の校長先生がいたでしょう?

・54人

・33人

 正解は33人です。初代の校長先生は、小泉校長先生といって,この人です。(写真を見せる)校長室に写真が飾ってあるので見た人もいるかもしれませんね。

 今日は、歴史ある日野小学校の誕生日のお話でした。

 

 

 

 

 

5月25日 朝会で話したこと

今日は2つのお話をします。

これは何か分かりますか?(下の図を見せる)

これは、65年ぐらい前の学校の図です。

その頃は,運動場が今よりかなり小さかったようです。今,体育倉庫やバックネットのあるあたりは,フロンコと呼ばれる湿地帯や沼のようなところだったようです。その外側には竹薮があり、その外側が今のように堤防がなく,すぐ川だったようです。だから,大雨が降るとすぐに運動場はプールのようになったといいます。

今は、体育館がありますが,その頃は講堂という入学式は卒業式に使う建物がありました。それから,相撲場もあったそうです。

そして、今なら考えられませんが,運動場の中に普通のおうちも2軒建っていたそうです。

今は,昔の人のおかげでこんなに広い運動場でみんな遊ぶことができるのです。

 

2つ目のお話です。

君たちは魔法が使えます。ここにいるみんな使えます。

児童・・エ~!!

何のことかお話しします。先週の木曜日,郷瀬に住んでいるという女の人から電話がかってきました。

「あの,もしもし日野小学校ですか。私,今日感激したことがありました。2年生の女の子が,元気よくあいさつをしてくれたんです。うれしかったです。」

児童・・なーんだ,そんなのは魔法じゃないよ。

という人がいるかもしれません。でも考えてみてください。校長先生がその人に朝「おはようございます」と言ったら,感激して学校に電話をかけてきてくれますか。

残念ながらしてくれないでしょうね。校長先生は2年生の女の子と同じことをしたのに感激されないんですよ。

これって魔法でしょう。君たちはあいさつの魔法が使えます。使えるのに使わないのはもったいないでしょう。どんどん魔法を使ってくだい。日野小学校の校区で感激があっちこっちでどんどん生れますよ。

 

今日話はこれで終わります。

6月の話

6月8日 朝会での話

今日は,学校の場所を当てるクイズをします。

ここはどこでしょう。まずは初級編です。

児童玄関の前「愛の時計」

二宮金次郎の銅像

地蔵一本桜

百葉箱

まごころの碑

 

次に中級編です

池のハス

池の前のモニュメント

大槻義也さんの碑

体育館の前の石

フェンスの飾り

運動場北側のブロック塀

最後に上級編です

岩石庭園

調べ中

もし見つけたら,校長先生に教えてください。

 

おまけ,時間の都合で紹介できなかったもの

定礎

調べ中

 

 

6月29日 月曜日 朝会で話したこと

「みなさん,この写真は誰か知っていますよね。」「そうです,二宮金次郎という人です。」

今日はこの人について話をします。

二宮金次郎は江戸時代,お侍さんの時代の終わりごろの人です。昔はほとんどの学校にありましたが,今はない学校もあります。日野小学校の今ある二宮金次郎像は昭和51年の創立百周年の年に建てられたものです。

この二宮金次郎像のある学校で像を学校のお金で建てたところは1つもありません。みんな地域やPTAに建ててもらったものです。

この人は14歳でお父さんを16歳でお母さんをなくし,おじさんの家に預けられました。働かなくてはいけないので,薪を背中に背負っています。しかし,勉強もしたいので本を読んでいます。本は「大学」というとても難しい本で,お父さんの形見と言われています。お百姓さんは本なんか読まなくてもいいといわれていた時代です。でもしっかりと勉強したのです。

大人になってからは,全国の600以上の村を立て直したことで有名です。あるとき田植えの終わったすぐの村人に「今植えた苗を全部抜いて,稗や粟を植えなさい。」といいました。今日食べたナスの味が秋ナスの味がしたので,今年は飢饉になるに違いないということが理由でした。

「本当かな」と思っている村人に無理やり稗粟など寒い夏(冷夏)に強い作物を作らせたのです。そして、その年はのちに天保の大飢饉と言われる大飢饉で,多くの飢え死にする人が出ましたが,金次郎が指導した村では飢え死にした人が一人も出ませんでした。

二宮金次郎の教えを受け継いだ佐々井典比呂という人が詩を残しています。素敵なので紹介します。「万象具徳」という題です。

どんなものにも よさがある

 どんなひとにも よさがある

 よさがそれぞれ みなちがう

 よさがいっぱい かくれてる

 どこかとりえが あるものだ

 もののとりえを ひきだそう

 ひとのとりえを そだてよう

 じぶんのとりえを ささげよう

 とりえとりえが むすばれて

 このよはたのしい ふえせかい

 

これで今日の話は終わります。

 

 

7月13日 月曜日 朝会で話したこと

お客さん用の玄関を入ってすぐの校長室の壁には「地蔵一本桜」の絵が飾ってあります。見たことありますか。今日はあの桜の言い伝えを聞いてきたのでお話しします。

  西脇和子さんが描かれた「地蔵一本桜」の絵

 昔、杉原川がよく洪水を起こしたので,岸を直しました。工事が終わって,新しい土手に桜を植えようということになり,近くに住む3人の人が20本ずつ60本植えました。だから、昔は60本あそこに桜が咲いていたんです。

 しかし,雑草のマメフジに栄養を取られ,60本のうち地蔵さんの横にあった1本と一番川下にあった5本だけを残して枯れてしまいました。その川下の5本も春日大橋の工事をするときに邪魔になったので4本が抜かれてしまいました。

 結局、残ったのは2本でしたが,春日大橋の上にある地蔵のそばの1本が「地蔵一本桜」として有名になりました。でも本当は2本桜なのです。

 この桜が有名なのはもう一つ理由があって,西脇市,多可郡など北播磨の桜の中で1番早く咲くことです。もしからしたら新種かもしれないということで今調べてもらっているそうです。

 そして,この日野小学校にはこの「地蔵一本桜」の子どもが植えられているのを知っていますか。どんどん大きくなり去年から花もはき始め,今年はたくさん咲きました。新種であるといいですね。

「地蔵一本桜」のこどもの桜

 今日は「地蔵一本桜」の話でした。

1学期終業式で話したこと

下の「終業式で話したこと」をクリックしてください

終業式で話したこと(PDF:767.6KB)