トップページ

考える算数

5年算数「面積の求め方」 11月19日(火)

ただ単に「できる」のではなく、「考えて、わかる」。

5年生は、そんな算数の授業を目指しています。

面積の公式を覚えるのではなく、自分たちで面積の公式を考え出すのです。

予習ノート

大切なのは、予習ノート。

ノートに言葉で説明するということは、難しいけれど大切な力の一つ。

説明

どうすれば自分の考えが伝わるか。

自然と目線にも力が入ってきます。

説明

今のキーワードは「前に○○を習ったから」。

考えるということは、ゼロから何かを作るということではなく、自分がもっている知識や経験をつなぎ合わせるということなのです。

ツッコミ

説明したことに対して、どんどん質問やツッコミが飛んできます。

このツッコミはあらかじめ予習で考えていたり、説明を聞きながら考えたり。

授業を深めるためには、このツッコミは欠かせません。

5年生の算数、これからもまだまだ進化していきます。